文字サイズ

Q8.あなたの「心の緊張度」は?

大事な場面で緊張しすぎて、実力を十分に発揮できずに終わってしまったことはありませんか?
あなたの「心の緊張度」を計ってみましょう。
大事な場面に直面したとき、あなたはたいていどんな状態になりますか?
次の項目について、当てはまるかどうかをYesかNoで答えてください。選択が終わったら、「判定」をクリックしてください。

あなたの「心の緊張度」は?

質問項目

  • 顔の表情が固くなり、口の中が乾いているように感じる

  • 呼吸が浅く速くなっていて、胸が張り裂けるような感覚がある

  • 軽く頭痛や吐き気、耳鳴りを感じる

  • 生あくびがよく出て、昼間なのに軽い眠気を感じる

  • 筋肉が固くなって、手のひらに脂汗をかいている

  • 下半身に寒気を感じたり、貧乏ゆすりが出たり、すぐに尿意を覚えてしまう

  • 無意識の行動が増え、頭の中がぼんやりしているように感じる

  • 瞬きの回数が多いような気がしたり、胃に軽い痛みや軽い吐き気を感じたりする

  • 食欲が落ちたり、胃に軽い痛みや軽い吐き気を感じたりする

  • 首筋や肩の辺りが凝っているような気がする一方で、体全体に気だるさを感じる

Yesの数:0個

緊張とリラックスのバランスが大切

判定
Yesの数が
7~10個の人……かなり強く緊張しています。
4~6個の人……やや緊張しています。
1~3個の人……ベストパフォーマンスが出せる状態です。
0個の人……リラックスしすぎ。少し緊張が必要です。

緊張しすぎてもリラックスしすぎてもダメ

大事な場面では、よく「リラックスしていこう!」という言葉を耳にしますが、緊張を強いられる状況では、いざリラックスしようとしても簡単なことではありません。

Yesの数が7~10個の人のような強い緊張状態では、力んでしまって実力を発揮することはできません。しかしYesが0個の人のように、リラックスしすぎていてもだらけてしまい、やはり実力を発揮することは難しいでしょう。

「ソワク」でベストパフォーマンスを発揮しよう

実力を十分に発揮するには、リラックスしながらも適度に緊張している、というバランスのとれた心理状態がベスト。Yesの数が1~3個の人が、この状態に当てはまります。
スポーツ選手などは、このような心理状態を「ソワク」と呼んでいます。ソワクというのは造語で、「ソワソワ」と「ワクワク」がミックスした状態を表わしています。

緊張とリラックスの間で、どちらかに大きく偏ってしまうとパフォーマンスも低下してしまいます。両方のバランスをとり、上手に付き合うことで成功につなげましょう。

▼アドバイスを見る!