文字サイズ

Q10~19のまとめ

ストレスの現状を客観的に把握しましょう

~ストレスの強さ、原因、心の状態を知る~

Q10~19では、心の状態、人間関係や仕事の問題、からだの調子などを探ることで、ストレスの現状をチェックしてみました。あなたにとって、どんなことがストレスになっているのか、またそのストレスはどのくらい心や体に影響を与えているのか。おおまかな現状が把握できたことでしょう。

心の不安や悩みというのは、さまざまなストレスによってもたらされています。そのため、心の問題を解決するためには、自分が置かれているストレスの現状を客観的に知ることが不可欠なのです。

ストレスの2大要因は「人間関係」と「仕事」

複雑化する現代社会には、あらゆるストレスが蔓延しています。まったくストレスを感じることがない生活をする、というのは難しいでしょう。そんな中でも、もっとも人々を悩ませる原因となるのが、職場や家庭における人間関係や仕事の問題です。

人間関係の悩みというのは、相手との関係を断たない限り、延々と続くことが多いものです。とくに日本人は言葉による直接的なコミュニケーションを苦手とするせいか、相手に対する自分の思いをなかなか口に出すことができません。

すれ違った心をすり合わせるには、思いをはっきりと言葉で伝えるのが一番の早道ですが、それができないと溝がどんどん深まり、ストレスも増していくことになります。

がんばりすぎる人はストレスに気づかないことも

一方、社会人にとって、仕事に関するストレスというのは避けて通れないものです。ただ、がむしゃらにがんばる人ほどストレスに気づかない、あるいは気づかないふりをしてしまうことが多く、知らず知らずのうちにストレスが膨らんでいくことがあります。
ストレスをそのままにしてがんばり続けると、「燃え尽き症候群」につながることもあります。コントロール感覚を失う前に、ストレスに気づくことが大切です。

定期的にストレス状況のチェックを

今回のチェックの結果は、あくまでも現在のあなたの状況にすぎません。今後、職場や家庭の環境などが変われば、それに合わせて当然ストレス状況も変化してきます。
Q10~19のチェックは1度だけで終わらせず、定期的に行うようにしてストレスの現状を把握するようにしましょう。

また、前半のQ1~9のチェックも同様に、定期的に行うとよいでしょう。ストレスの度合いが変化したり、ストレスに対するあなたの対処法が変わってきたら、思考や行動のパターンにも変化が見られ、以前選んだ回答とは異なるほうを選ぶかもしれませんね。それはあなたが変わった証拠。この心理チェックが、あなたのストレス解消に、少しでもお役に立てれば幸いです。