文字サイズ

問診票がやってきた-セルフチェックを生活習慣改善のスタートに

40歳の誕生日を目前に控えた、主婦の協子さん。特定健康診査(メタボ健診)の対象者となり、「問診票」が送られてきました。 22の質問項目がありますが、その一つひとつが、生活習慣病の判定にとても重要となってきます。

それぞれ、何をチェックするためのものなのか、どんな意味をもつのか、協子さんと一緒に確認していきましょう。

生活習慣病のリスクはどうなっているか、などをチェック

いわゆるメタボ健診は、内臓脂肪がたまる「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」を見つけて改善することで、生活習慣病、ひいては心筋梗塞や脳卒中を予防することを目的に行われます。

受診時は、必ず次のような問診票の記入が求められます。これは、受診者の生活習慣病のリスクはどうなっているのか、特定保健指導ではどのような情報提供が必要なのか、などを判定するための質問票です。

なお、ここで紹介している問診票は一例で、健診機関などによって細かい内容は異なります。また、受診当日に健診機関にて記入する場合もあります。

1~3 現在、aからcの薬の使用の有無  
  1 a.血圧を下げる薬 ①はい
②いいえ
2 b.インスリン注射または血糖を下げる薬 ①はい
②いいえ
3 c.コレステロールを下げる薬 ①はい
②いいえ
4 医師から、脳卒中(脳出血、脳梗塞など)にかかっているといわれたり、治療を受けたことがありますか。 ①はい
②いいえ
5 医師から、心臓病(狭心症、心筋梗塞など)にかかっているといわれたり、治療を受けたことがありますか。 ①はい
②いいえ
6 医師から、慢性の腎不全にかかっているといわれたり、治療(人工透析)を受けたことがありますか。 ①はい
②いいえ
7 医師から、貧血といわれたことがある。 ①はい
②いいえ
8 現在、たばこを習慣的に吸っている。 (※「現在、習慣的に喫煙している者」とは、「合計100本以上、または6カ月以上吸っている者」であり、最近1カ月間も吸っている者) ①はい
②いいえ
9 20歳の時の体重から10kg以上増加している。 ①はい
②いいえ
10 1回30分以上の軽く汗をかく運動を週2日以上、1年以上実施している。 ①はい
②いいえ
11 日常生活において歩行または同等の身体活動を1日1時間以上実施している。 ①はい
②いいえ
12 ほぼ同じ年齢の同性と比較して、歩く速度が速い。 ①はい
②いいえ
13 この1年間で体重の増減が±3kg以上あった。 ①はい
②いいえ
14 人と比較して食べる速度が速い。 ①速い
②普通
③遅い
15 就寝前の2時間以内に夕食をとることが週に3回以上ある。 ①はい
②いいえ
16 夕食後に間食(3食以外の夜食)をとることが週に3回以上ある。 ①はい
②いいえ
17 朝食を抜くことが週に3回以上ある。 ①はい
②いいえ
18 お酒(清酒、焼酎、ビール、洋酒など)を飲む頻度 ①毎日
②時々
③ほとんど飲まない(飲めない)
19 飲酒日の1日当たりの飲酒量
清酒1合(180ml)の目安:
ビール中瓶1本(約500ml)、焼酎35度(80ml)、ウイスキーダブル1杯(60ml)、ワイン2杯(240ml)
①1合未満
②1~2合未満
③2~3合未満
④3合以上
20 睡眠で休養が十分とれている。 ①はい
②いいえ
21 運動や食生活などの生活習慣を改善してみようと思いますか。 ①改善するつもりはない
②改善するつもりである(おおむね6カ月以内)
③近いうちに(おおむね1カ月以内)改善するつもりであり、少しずつ始めている
④既に改善に取り組んでいる(6カ月未満)
⑤既に改善に取り組んでいる(6カ月以上)
22 生活習慣の改善について保健指導を受ける機会があれば、利用しますか。 ①はい
②いいえ

 

津下 一代 先生

監修者 津下 一代 先生 (あいち健康の森健康科学総合センター センター長兼 あいち介護予防支援センター センター長)
昭和58年名古屋大学医学部医学科卒業後、国立名古屋病院内科(内分泌代謝科)、名古屋大学第一内科での臨床・研究活動を経て、平成4年愛知県総合保健センターに勤務。12年あいち健康の森健康科学総合センター、22年より同あいち介護予防支援センター センター長兼務、23年より現職。
厚生労働省における「健康日本21」、「健診・保健指導プログラム」の各委員会や日本健康会議に携わる。