ボディメンテナンス・ダイエット

10月4日配信
連載第27回

ダイエット効果アップのウオーキングエクササイズ―(1)

【監修】 饗庭(あいば) 秀直 先生 ボディメンテナンス学院学院長・茨城大学非常勤講師

 お尻から太ももの大きな筋肉を有効に使った「あいばウオーク」は消費エネルギーが大きく、引き締め&ダイエット効果抜群です。


大きな筋肉を使うほうが消費エネルギーを効率的に増やすことができる

2kgのダンベルを20cm高さで100回上げ下げするのと、体重50kgの人が高さ20pの階段を4段上がるのとは、消費エネルギーがほぼ同量です。しかし、ダンベルを100回も上げたら、普通の人は筋肉痛を起こします。消費エネルギーを効率的に増やすには、大きな筋肉を使ったほうが体感は楽なのです。

 

そこで今回は、お尻や太ももの大きな筋肉を有効に使ったウオーキングエクササイズ「あいばウオーク」を紹介します。骨盤安定に重要な大腰筋、大臀筋、ハムストリングスを有効に使うので、お尻や太ももの裏側を引き締め、ダイエット効果抜群。従来の速歩に比べて消費エネルギーが約30%大きいという実験結果もあります。「歩く質」を高めることで効果的なウオーキングができるのです。

 

次回から、具体的なエクササイズを紹介していきます。まずは下半身のゆがみチェックから。