カラダに効く旬の食材

1月6日配信
連載第10回

ぶり/はまち……冬が旬のぶりで、脳や血管、骨の健康を守ろう

【監修】 小池澄子 先生 管理栄養士、料理研究家

 

 

主な栄養成分

たんぱく質 /カリウム / ビタミンA / ビタミンB1 / ビタミンB2 / ナイアシン / ビタミンD / ビタミンE

 

その他の有効成分

EPA(エイコサペンタエン酸) / DHA(ドコサヘキサエン酸) / POA(パルミトオレイン酸) / タウリン


ぶり/はまちの効用


脳の発育促進に役立ちます
 魚の脂肪酸の中でも、脳細胞の働きをよくするDHAは、特に脳細胞が形成される胎児期や、脳が成長する思春期に重要です。また、頭脳労働をする成人にとっても欠かせません。
 ぶりにはまぐろの脂身に次いでDHAが多く、中でも目玉の周りには、ビタミンAとともにたっぷり含まれているので、DHAをとるのにアラ煮はおすすめの調理法です。

動脈硬化・脳卒中・高血圧の予防に役立ちます
 血管系の病気を予防するには、魚の脂肪酸の一つEPAや、タウリンが有効であることが知られています。ぶりはこれらを豊富に含むほか、血管壁を丈夫にする働きがある一価不飽和脂肪酸POA(パルミトオレイン酸)が多く、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞などの予防効果が期待できます。

骨粗しょう症の予防に役立ちます
 ぶりにはビタミンDが多く含まれています。カルシウムの吸収を高めるビタミンDは、成長期には骨の成長を助け、成人では骨粗しょう症を防ぐために欠かせない栄養素です。
 特にぶりの血合肉には、ビタミンDが豊富なので残さず食べましょう。


 
薬食メモ
 
  • ○ぶりは出世魚といわれ、成長に合わせて名前が変わります。関西では、つばす、はまち、めじろ、ぶり、関東では、わかし、いなだ、わらさ、ぶりとなります。
    体長1m前後のぶりは照り焼きもアラ煮も美味です。
  • ○「目をよくするには目を食べろ」と言われるように、ぶりなど赤身の魚の目の周囲には視力を守るビタミンAが豊富です。
    さらに、多価不飽和脂肪酸のDHAとEPA、ビタミンC、ムコ多糖類など生活習慣病や老化予防にかかわる栄養素も多いので、目の周りのゼラチン質や目の後ろ側の骨についている肉も食べるようにしましょう。
 

 

過去のヘルシーレシピ レシピ一覧

2012/12/7
ジュースを調味料にして、香りよく照り焼き風に
ぶりのオレンジ焼き

   

【監修】 小池澄子 先生
      管理栄養士、料理研究家

女子栄養大学生涯学習講師ほか、複数の大学で非常勤講師を勤める。食と自然と人を結ぶネットワーク有限会社カナ代表。企業やクリニックで健康管理に関わり、保育園や地域で子育て支援、栄養相談、離乳食教室、講演など行っている。栄養、料理、農場を通じて心と体と社会の健康を高める情報やレシピを提供し、“命を繋げてゆく食”を柱に食育活動展開中。著書に『簡単でおいしいおやつ』(かもがわ出版)、『おいしい山歩き』(大月書店)、『ステップアップ離乳食』(学習研究社)、『初めての離乳食』(ベネッセコーポレーション)、『黒豆健康生活』(青春出版)など多数。