カラダに効く旬の食材

3月7日配信
連載第12回

さわら……春を告げる魚、さわらで生活習慣病を予防しよう

【監修】 小池澄子 先生 管理栄養士、料理研究家

 

 

主な栄養成分

たんぱく質 / ビタミンB2 / ナイアシン / カリウム

 

その他の有効成分

EPA(エイコサペンタエン酸) / DHA(ドコサヘキサエン酸)


さわらの効用


血液をサラサラにし、脳の健康に役立ちます
 旬の時期のさわらは脂肪含有量が10%にもなります。さわらは、青背の魚であるさばの仲間で、脂肪分はさばよりも低く、EPA、DHAはさばとほぼ同等に含んでいます。EPA、DHAは、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らし、心筋梗塞や脳卒中などを防ぐとされます。特にDHAは脳の神経細胞を活性化させ、脳の老化や認知症の予防に役立つと言われています。

高血圧予防に役立ちます
 さわら一切れ(100g)のカリウム含有量は約490mgで、魚の中ではトップクラスです。カリウムには血圧を下げる効果が認められています。


 
薬食メモ
 
  • ○瀬戸内海や和歌山など関西地方では春が旬ですが、関東では秋から早春の脂ののった「寒さわら」が味がよくなります。
  • ○くせがなく身が柔らかいので、刺し身、塩焼き、照り焼きのほか、京の西京みそを使った西京漬けにもよく使われます。
  • ○さわらの卵は、ぼらと同様天日干しにして、からすみの材料になります。
  • ○さわらの水分量は約70%近くにもなり、身が柔らかいため、調理中に形を崩さないよう気をつけましょう。
 

 

過去のヘルシーレシピ レシピ一覧

2011/03/25
春の魚さわらをかぶら蒸しでさっぱりと
さわらのかぶら蒸し桜あんかけ

   

【監修】 小池澄子 先生
      管理栄養士、料理研究家

女子栄養大学生涯学習講師ほか、複数の大学で非常勤講師を勤める。食と自然と人を結ぶネットワーク有限会社カナ代表。企業やクリニックで健康管理に関わり、保育園や地域で子育て支援、栄養相談、離乳食教室、講演など行っている。栄養、料理、農場を通じて心と体と社会の健康を高める情報やレシピを提供し、“命を繋げてゆく食”を柱に食育活動展開中。著書に『簡単でおいしいおやつ』(かもがわ出版)、『おいしい山歩き』(大月書店)、『ステップアップ離乳食』(学習研究社)、『初めての離乳食』(ベネッセコーポレーション)、『黒豆健康生活』(青春出版)など多数。