カラダに効く旬の食材

3月1日配信
連載第24回

わかめ……生活習慣病予防に便秘改善、ストレス解消にも役立ちます

【監修】 小池澄子 先生 管理栄養士、料理研究家

 

 

主な栄養成分

たんぱく質 / ビタミンA / β-カロテン(ベータカロテン)/ ビタミンK / ヨウ素(ヨード)/ カリウム / カルシウム / マグネシウム / 銅 / 食物繊維(セルロース、アルギン酸)

 

その他の有効成分

フコイダン


わかめの効用


ストレス解消に役立ちます
 味噌汁の具や酢のものなどに日常的に使われるわかめは、カルシウムとともにマグネシウムの補給にも役立ちます。
 マグネシウムはカルシウムとのバランスが大事で、エネルギーの代謝やホルモンの分泌、体温調節に欠かせない成分。気分がイラついたり落ち込みがちなときは、マグネシウム不足も疑ってみましょう。

高血圧の予防効果があります
 高血圧の原因の一つは食塩の中のナトリウム。みそ汁一杯には約2gの塩分が含まれますが、わかめのようにカリウムの豊富な具を入れれば、ナトリウムを体外に排出してくれます。じゃがいもとわかめのみそ汁なら、どちらもカリウムが多く、血圧が高めの人に向いています。

甲状腺疾患、筋肉のけいれんを防ぎます
 海藻に多く含まれるヨードは、甲状腺ホルモンをつくる材料になります。甲状腺ホルモンは、成長期の子どもの発育を促し、大人では基礎代謝を盛んにします。ヨードは、甲状腺疾患の予防にも関係しています。
 また、わかめに豊富なマグネシウムには、筋肉のけいれんを防ぐ働きもあります。ハウス栽培により、野菜のマグネシウム含有量が下がっているといわれるなか、わかめは大事なマグネシウム源です。

便秘の改善に役立ちます
 わかめのぬめり成分は、水溶性食物繊維の一種アルギン酸で、便秘の解消に役立ちます。アルギン酸にはまた、コレステロールを体外に排出する働きもあります。

美しい黒髪を作ります
 昔から海藻を食べると髪が黒くなるといわれています。それは、黒髪の色素メラニンを作り出すメラノサイトを活性化するヨードと、メラニンを作るのに必要な酵素チロシナーゼを活性化する銅の二つを、海藻が豊富に含んでいるからです。

 
薬食メモ
 
  • ○くきわかめやめかぶの食べ方は、酢の物や、すりおろしてだし汁を加えた「めかぶとろ」などがおすすめです。
  • ○カルシウムもマグネシウムのどちらも豊富に含むわかめと厚揚げの炒め煮は、骨粗しょう症が気になる人におすすめの献立。ごま油で炒め、だし汁、しょうゆ、砂糖、みりん・酒で甘辛く煮るとよいでしょう。
 

 

過去のヘルシーレシピ レシピ一覧

2011/05/06
野菜と海藻たっぷりサラダで快腸、美肌効果も!
新玉ねぎとわかめのサラダ

2011/04/29
白みそベースのからし酢みそがまったり美味
たこと長ねぎとわかめのぬた

【監修】 小池澄子 先生
      管理栄養士、料理研究家

女子栄養大学生涯学習講師ほか、複数の大学で非常勤講師を勤める。食と自然と人を結ぶネットワーク有限会社カナ代表。企業やクリニックで健康管理に関わり、保育園や地域で子育て支援、栄養相談、離乳食教室、講演など行っている。栄養、料理、農場を通じて心と体と社会の健康を高める情報やレシピを提供し、“命を繋げてゆく食”を柱に食育活動展開中。著書に『簡単でおいしいおやつ』(かもがわ出版)、『おいしい山歩き』(大月書店)、『ステップアップ離乳食』(学習研究社)、『初めての離乳食』(ベネッセコーポレーション)、『黒豆健康生活』(青春出版)など多数。