文字サイズ

糖尿病の薬、ジェネリック医薬品ならこんなにオトク!

糖尿病の薬、ジェネリック医薬品ならこんなにオトク!

 「ジェネリック医薬品が気になるけれど、どんなものかわからないので使っていない」という人もいることでしょう。当コーナーでは、ジェネリック医薬品に替えるとどれだけ節約できるのかを病気ごとにご案内しながら、ジェネリック医薬品についての詳細や、薬の正しい使い方などを解説していきます。第2回目の今回は、糖尿病の薬にクローズアップし、ジェネリック医薬品の安全性や有効性について解説します。

複数の薬を服用しているなら、ジェネリックに切り替えてみましょう

「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」は、「新薬(先発医薬品)」と同等の効果や品質をもちながら、価格が新薬の約2~8割、平均約半額と、安く抑えられている薬です。

長期服用の場合や複数の薬を服用している場合は特に、ジェネリック医薬品への切り替えで、大幅な節約効果が見込めます。前回の「高血圧症」に続き、今回は「糖尿病」の薬について、新薬をジェネリック医薬品に替えるとどのくらいオトクになるのかを見てみましょう。

【糖尿病の薬の一例】

●インスリン抵抗性改善薬(チアゾリジン誘導体)
一般名:ピオグリタゾン塩酸塩(15mg錠を1日1回、1年間服用した場合)

商品名 薬価×日数 自己負担額(3割負担)
新薬アクトス 1日分60円×365日=21,900円 6,570円
ジェネリックピオグリタゾン 1日分20円×365日=7,300円 2,190円

⇒年間4,380円オトク!

●インスリン分泌促進薬(スルフォニルウレア系)
一般名:グリメピリド(1mg錠を1日2回、1年間服用した場合)

商品名 薬価×日数 自己負担額(3割負担)
新薬アマリールOD 1日分30円×365日=10,950円 3,290円
ジェネリックグリメピリドOD 1日分20円×365日=7,300円 2,190円

⇒年間1,100円オトク!

●速効型インスリン分泌促進薬
一般名:一般名:ナテグリニド(90mg錠を1日3回、1年間服用した場合)

商品名 薬価×日数 自己負担額(3割負担)
新薬スターシス 1日分120円×365日=43,800円 13,140円
ジェネリックナテグリニド 1日分70円×365日=25,550円 7,670円

⇒年間5,470円オトク!

●α-グルコシダーゼ阻害薬
一般名:アカルボース(100mg錠を1日3回、1年間服用した場合)

商品名 薬価×日数 自己負担額(3割負担)
新薬グルコバイ 1回分100円×365日=36,500円 10,950円
ジェネリックアカルボース 1回分60円×365日=21,900円 6,570円

⇒年間4,380円オトク!

※上記の薬価(薬代)は2018年5月1日現在のものです。
※ここで紹介する薬剤名および用量、薬価は一例です。また、同じ有効成分のジェネリック医薬品でも、メーカーによって価格は異なります。なお、薬価は点数に「五捨五超入」という特別の計算ルールがあります。また、自己負担分は四捨五入され10円単位での支払いになります。
※上記は薬価のみを計算したものであり、実際に支払う医療費には、調剤基本料や薬剤管理指導料、薬剤情報提供料などが含まれます。

コラム安全性・有効性は大丈夫?

●薬事法に基づき、効き目や安全性が新薬と同等であることを厚生労働省が承認した薬

ジェネリック医薬品は、新薬と同一の有効成分を含んでいます。そして、効き目や安全性については、厳しい試験(有効成分が体内で新薬と同等に溶け出すかどうかの試験、有効成分が新薬と同じ速度や量で体内に吸収されるかを比較する試験、品質が気温や湿度の影響を受けず長期保存しても変わらないか確認する試験)をクリアし、新薬と同等であると厚生労働省から保証されているものです。

ジェネリック医薬品を処方してもらう方法については、次回、6月配信の当コーナー第3回で解説します。

安田 聖栄 先生

監修者 堀 美智子 先生 (薬剤師、医薬情報研究所 株式会社エス・アイ・シー取締役/医薬情報部門責任者)
1977年名城大学薬学専攻科修了。同年4月より同大学薬学部医薬情報室、1980より帝京大学薬学部医薬情報室での勤務を経て、1998年に医薬情報研究所 株式会社エス・アイ・シー設立に参加。東京都八王子市にて薬局を運営する傍ら、各種データベースの作成や書籍・ラジオ等での医薬品に対する正しい情報の啓発に携わる。日本薬業研修センター 医薬研究所所長、武庫川女子大学薬学部非常勤講師、名城大学薬学部非常勤講師等も兼務。