文字サイズ

時間外、休日、深夜の受診は、医療費が加算される

時間外、休日、深夜の受診は、医療費が加算される

時間外受診は、本当に必要なときだけに

病院や診療所が表示している診療時間内ではなく、時間外に受診をすると、通常の診療費に「時間外加算」がプラスされます。日曜日や祝祭日などの休診日には「休日加算」がかかります。22~6時までの間に受診した場合には、「深夜加算」がかかります。

そのほか、初診料(2700円)や処置料など通常の診療費がかかるわけですから、急な病気や症状の変化でも深夜や休日に受診すると、医療費がかなり高額となります。いたしかたのない場合もありますが、「時間外だと待たずに診てもらえるから」など自分勝手な理由での時間外受診は控えたいもの。病院にとっても迷惑ですし、お財布にも負担です。

  • 時間外加算 初診:850円/再診:650円
  • 休日加算 初診:2,500円/再診:1,900円
  • 深夜加算 初診:4,800円/再診:4,200円

診療所では、診療時間内でも割り増しになることも

平日の診療時間内でも、夜間(18~22時)や早朝(6~8時)の時間帯に、診療所で診察を受けた場合、「夜間・早朝加算」(初診・再診とも500円)が上乗せされます。例えば、20時まで診療している診療所に19時に行った場合も、この上乗せ料金が発生するわけです(土曜日は12~22時・6~8時、日曜日は6~22時に、診療時間として開業している診療所に受診した場合、加算されます)。

これは、患者さんが受診しやすいに時間帯に開業する診療所を増やす狙いがあって設けられた上乗せ料金です。受診しやすい時間帯に診療所が開いているのは、ありがたいもの。ただし、こうした上乗せがあることを知って、医療費節約のためには、できるだけ8時~18時(平日の場合)に受診するのが賢いといえます。

  • 患者負担は上記の1~3割です。乳幼児加算は別に設定されています。