文字サイズ

外来での高額な窓口支払いが軽減

外来での高額な窓口支払いが軽減

外来通院でも、窓口支払いは自己負担限度額まで

 外来での通院治療でも高額な医療費がかかることがあります。高額療養費の対象となる場合でも、これまでは窓口でいったん自己負担分を全額支払い、限度額を超えた分を後で協会けんぽから払い戻してもらう仕組みでした。このため一時的に大金を用意する必用がありました。
 しかし、今年(平成24年4月)の診療報酬改定において、もし1カ月の医療費の自己負担が自己負担限度額を超えた場合は、入院治療と同様に窓口での支払いが自己負担限度額までで済むようになりました。

事前に「認定証」の申請が必要

 この支払い方法を希望する場合は、事前に全国健康保険協会(協会けんぽ)の各都道府県支部に「健康保険限度額適用認定申請書」を提出し、「健康保険限度額適用認定証」の交付を受け、医療機関の窓口に認定証と被保険者証を提出する必要があります(70歳未満の場合)。
 提示せずに医療を受けた場合は、従来どおり自己負担の全額を支払うことになります。


その他の記事はこちらから