文字サイズ

頼りになる「かかりつけ薬局」を見つけよう

頼りになる「かかりつけ薬局」を見つけよう

立ち寄りやすい場所で、調剤のほか市販薬やサプリも扱う薬局が便利

 信頼できる「かかりつけ医」をもとうと、よく言われます。体調が悪いときの治療だけでなく、日ごろの健康管理についてもアドバイスしてもらえるなど、何かと頼りになります。同様に、日ごろから薬に関する相談ごとに気軽にのってもらえる「かかりつけ薬局」をもつと、いろいろなメリットがあります。

 かかりつけ薬局選びのポイントは、自宅や勤務先、または最寄り駅の近くというように、立ち寄るのに便利な場所にあることです。また、処方せんの調剤に加え、市販薬やサプリメントなども扱っている薬局を選ぶと、幅広い相談にのってくれるでしょう。

「基準薬局」をかかりつけ薬局選びの目安に

 具体的な目安として、日本薬剤師会が制定し、都道府県の薬剤師会が認定を行っている「基準薬局」があります。目印は、オレンジ色の地に「基準薬局」の文字と白地に青十字のマークです。
 「基準薬局」として認定されるには、(1)責任を持って処方せんを調剤している、(2)医療提供施設として適切な体制を整備している、(3)医薬品の供給拠点として市販薬などを販売し、その販売方法が適切である、(4)地域の保健・医療・福祉に貢献している、(5)十分な知識・経験のある薬剤師が勤務している――などの基準をクリアしなければなりません。

薬歴管理ができ、健康管理のアドバイスももらえる

 かかりつけ薬局をもつと、次のようなメリットがあります。

  • 同じ薬局に相談していると、薬歴(薬の使用や体質などの記録)管理ができ、個人の体質に合った市販薬の選択や、健康管理へのアドバイスをしてもらえる。
  • 同じ効果の薬の重複や、複数の薬の飲み合わせなどをチェックしてくれる。
  • 薬についての疑問や相談など、普段から気軽に尋ねることができる。

 今まで、あちこちの薬局を利用していた人は、便利な場所にかかりつけ薬局を見つけましょう。医薬品の正しい使用や日々の健康管理をするうえで、きっと頼りになるはずです。


その他の記事はこちらから