文字サイズ

入院のとき、差額ベッド代はきちんと確認しよう

入院のとき、差額ベッド代はきちんと確認しよう

個室など、環境の整った病室を希望すると、割増料金が必要

 入院が必要になったとき、健康保険で入れる病室よりも、個室など特別に整えられた環境の病室を患者が希望した場合、その特別な環境に対する割増料金が必要になることがあります。これがいわゆる「差額ベッド代」です。差額ベッド代は、病院が独自に設定できることになっており、1日数百円のところもあれば、数万円、あるいは10万円以上というところもあります。平均すると、5千円から1万円くらいのところが多いようです。
 また、個室でなくとも「差額ベッド代」が必要になることもあります。次のような条件を満たせば、病院は「差額ベッド代」を請求できるとされています。

(1)1部屋のベッド数が4床以下
(2)病室の面積が1人当たり6.4平方メートル以上
(3)しきりなどプライバシーの確保を図るための設備がある
(4)そのほか、個人用の持ち物の収納設備、個人用の照明、小机と椅子などがある

患者が希望し、きちんと説明を受けて署名・捺印をする手続きが必要
 ただし、差額ベッド代は、健康保険外の特別な上乗せ料金なので、病院が差額ベッド代を患者に請求するには、わかりやすいところに差額ベッドの料金や設備について掲示したり、ていねいに説明し、患者に同意を得る必要があるとされています。そのうえで、料金などを明記した書類に患者が署名することになっています。  また、患者が希望しない場合でも、治療上の必要で差額ベッドの病室に入院する場合などは、病院は、差額ベッド代を請求できないことになっています。治療上の必要の例としては、次のような場合があります。

(1)救急の患者、術後などで、重症のため安静が必要なときや、常に監視が必要なときなど、手厚い看護や介護が必要な場合
(2)免疫力が低下して、個室でないと感染症にかかるおそれがある場合
(3)集中治療が必要な場合、終末期の患者で身体的・精神な的苦痛を緩和する必要がある場合
など

 反対に、治療上個室などが必要な患者さんが、通常の個室よりさらに環境の整った病室を希望したときは、差額ベッド代が必要になります。
 入院ともなると、あせって説明を聞き流し、機械的に署名してしまって、あとから高額な差額ベッド代が請求されて驚いた、などというトラブルも起こりかねません。入院するとき、病院から差額ベッドをすすめられたり、個室を希望するときなどは、その差額ベッド代をきちんと確認して、納得したうえで書類に署名するようにしましょう。


その他の記事はこちらから