文字サイズ

薬と上手に付き合うために「お薬手帳」を使いこなそう

薬と上手に付き合うために「お薬手帳」を使いこなそう

自分の薬について何でも記録する「お薬手帳」

 お薬手帳は、自分の薬についての情報源。医師から処方せんをもらって調剤薬局で薬を受け取る際に、薬の内容を薬剤師に記録してもらえたり、シールを貼ってもらえたりします。薬の名前やのむ量、回数、のみ方などがわかり、自分の薬がどんな薬なのかを把握するのに役立ちます。
 また、複数の病院や診療所、歯科医院にかかった際に、お薬手帳を見せれば患者の薬歴情報を共有することができ、薬が重複して処方されたり、飲み合わせに問題のある薬が処方されることを避けることができます。
 特定の薬にアレルギーを持っていたり、過去に薬をのんで副作用が出た経験がある場合、自分でメモしておくことで、正しい情報を伝えることができます。

1冊にまとめ、持ち歩いて有効活用を

 お薬手帳は、調剤薬局で無料で作れます。持っていない場合、処方せんを渡すときに、薬剤師にお薬手帳を作りたい旨を伝えましょう。その際に大切なのは、一冊にまとめること。病院や薬局ごとに、別々のお薬手帳を作らないようにしましょう。
 お薬手帳は、健康保険証と一緒に保管し、病院や診療所、歯科医院、薬局に行くときは、毎回忘れずに持参するとよいでしょう。持病のある人などは、出かける際は携帯するのがベストです。外出時に急な事故に合ったときや、旅先で病気になった場合にも、ふだん使用している薬がわかり、お薬手帳が役立ちます。
 また、乳幼児の場合は、母子手帳と一緒に管理するのがおすすめです。子どもの成長の記録と一緒に薬の記録を残すとよいでしょう。


その他の記事はこちらから