文字サイズ

目の健康チェックも定期的に受けよう

目の健康チェックも定期的に受けよう

メタボ世代は、加齢とともに増える目の病気にも要注意!

 10月10日は、目の愛護デーでした。これを機に目の健康について、振り返ってみてはいかがでしょうか。とくに、40歳を過ぎてメタボが気になる年代になると、目の健康にも要注意です。加齢とともに増える目の病気の主なものには、白内障(水晶体がにごって見えにくくなる)、緑内障(眼圧が上がることなどで視神経が障害されて、視野が欠ける)、加齢黄斑変性(網膜の中心である黄斑が障害されて、視野の中心がぼけたりゆがんで見える)、糖尿病網膜症(糖代謝異常に伴い網膜が障害されて、黒い点が見えたり、ゆがむ、視野が欠ける、見えにくくなる)などが挙げられます。
 白内障は、手術などの治療で視力を回復できるようになっていますが、それ以外は、進行してしまうと失明の可能性もある要注意の病気です。

片目をつぶって見え方の自己チェックをするのもおすすめ

 目の病気の場合、いったん失われた視機能は戻らないことが少なくありません。病気の早期発見と早期治療が大切なため、40歳を過ぎた人はとくに、体の健診にプラスして定期的に眼底や眼圧などの検査を受けるようにしましょう。
 また、通常、両目でものを見ていることが多いため、視力が低下しても気づくのが遅れがちです。とくに、緑内障は正常眼圧でも起こるタイプがあるので眼圧検査だけでは異常がわからないケースがあったり、加齢黄斑変性症は、急激に視力低下が進むタイプもあります。
 自分でもできるだけ早く病気に気づくために、定期的に、片目をつぶって見え方の自己チェックするのもよいでしょう。片目で見て、見え方に異常があったら、早めに眼科を受診しましょう。

からだの健康づくりが目の健康にも深く関係している

 糖尿病網膜症は、糖尿病予防を心がけることが予防になります。また、加齢黄斑変性では、脂肪分のとり過ぎや日光の浴び過ぎ、喫煙などが誘因になるといわれます。予防には、禁煙に加えて、食事で脂肪分を控えめにする、抗酸化物質の豊富な緑黄色野菜をとることも効果が期待できるといわれます。これらは、メタボ予防とも重なることが多いため、メタボを防ぐための生活習慣は、目の健康づくりにもつながるといえるでしょう。


その他の記事はこちらから