文字サイズ

感染症予防のために大人も受けておきたい予防接種

感染症予防のために大人も受けておきたい予防接種

インフルエンザ予防には、手洗い、うがい、予防接種を

 毎年、12月から3月にかけてインフルエンザが流行するシーズンです。インフルエンザ予防の基本は、ウイルスを寄せ付けない健康づくりに加えて、手洗い、うがい、予防接種を受けておくこと。予防接種では感染を100%防ぐことはできませんが、かかっても発症せずに済んだり、発症しても重症化しないで済んだりするといわれています。予防接種をまだ受けていないなら、流行のピークに備えて早めに受けておくのがおすすめ。予防接種の効果は、接種してから2週間後くらいから現れ、約5ヵ月間持続するといわれています。

家族のことも考えて予防接種の検討を

 インフルエンザワクチンは任意接種のため、費用は自費となりますが、重症化の可能性のある乳幼児やお年寄り、妊婦さん、持病のある人などはとくに接種がすすめられています。受験生なども受けたほうがよいでしょう。健康に自信がある人でも、そうした家族がいる場合、自分が感染源にならないためにも、受けておくことが大切です。対象者を限定し、インフルエンザの予防接種費用の補助を行っている自治体もありますので、お住まいの自治体に問い合わせるとよいでしょう。
 高齢者の場合、インフルエンザワクチンと併せて受けたいのが、肺炎球菌ワクチン。肺炎球菌は体に常在する細菌で、高齢者の肺炎の原因として最も頻度が高い細菌といわれます。肺炎球菌ワクチンの効果は5年ほど持続し、その後、前回の接種から5年経過していれば、再度受けることができます。肺炎球菌のワクチンも任意接種のため、費用は原則自費ですが、65歳以上と60歳から64歳の基礎疾患のある人を対象に費用の補助を行っている自治体もあります。お住まいの自治体に問い合わせてください。

流行を防ぐためにもワクチン接種の重要性を理解しよう

 今年(2013年)春から夏にかけての風疹の大流行は、記憶に新しいことでしょう。風疹は妊娠初期の人がかかると、生まれてくる赤ちゃんの聴力や視力、心臓などに異常が出てしまうこと(先天性風疹症候群)があります。そのため、予防接種によって流行そのものを抑えたい病気なのです。
 現在、風疹の予防接種は、原則として1歳のときと小学校入学前の2回の定期接種となっています。しかし、制度変更前に受けていない人が多い年代があり、今回の流行でも20代から40代の男女でかかる人が多い傾向にありました。流行は下火になりましたが、妊娠を希望する女性に加え、妊婦の夫や家族、さらには、風疹の抗体をもたない(予防接種を受けたことがなく、風疹にかかったことがない)人は、予防接種を受けることがすすめられます。成人に対して、風疹予防接種の補助を行う自治体も出てきています。


その他の記事はこちらから