文字サイズ

足の異常は全身の病気のサインかも?!

足の異常は全身の病気のサインかも?!

足の健康は全身の健康に大きくかかわっている

 2月10日は、「フットケアの日(※)」。歩いたりすることによって、血液を末梢から全身へ送るポンプの役目をしているため、足は「第二の心臓」とも呼ばれています。
 いっぽう、高齢化社会に突入しているわが国では、近年、脳卒中や虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)など動脈硬化にかかわる病気や、糖尿病などが急増しています。こうした全身の病気と足の異常に大きなかかわりがあることをご存じでしょうか。
※フットケアの日:切断を余技なくされることもある足病変の予防、早期発見、早期治療を呼びかけることを目的に、日本フットケア学会や日本下肢救済・足病学会などによって制定されました。

全身の病気が重症化して、年間約1万人が足を失うことに

 動脈硬化が全身に至り手足の末端に血液が行き渡らなくなって、閉塞性動脈硬化症が起こることがあります。また、糖尿病が重症化すると末梢の神経障害(糖尿病性神経障害)に至ることもあります。実は、閉塞性動脈硬化症が重症化したり、糖尿病の合併症によって足が壊死してしまうことで、足の切断を余技なくされる人は年間約1万人にも上ります。高齢化や糖尿病患者の増加に伴って、そうした人がさらに増えることが懸念されているのです。
 閉塞性動脈硬化症にとくに注意が必要なのは、高齢者、糖尿病患者、透析患者、ヘビースモーカーの人などといわれています。足が冷たい、しびれる、青白くなる、安静にしていても痛みがある、間欠性跛行(歩いていると足が痛くなるが、しばらく休むと痛みが和らいで歩けるようになる)などが、主な症状。年だから、気候が寒いからなどと放置せず、足の異常は早めに見つけて、早めに治療を開始することで切断に至るのを防ぐことができます。

糖尿病や動脈硬化関連疾患を予防することが予防に

 糖尿病の人は、足に合った靴を選び、こまめに足のチェックをして、傷ができて治りにくいときなどは、小さな傷でも侮らないで、早めに医師に相談することが大切です。
 また、動脈硬化を進める大きな要因であるメタボリックシンドロームを改善することが足病変とその重症化の予防になります。すなわち、メタボ健診をきちんと受けて、血圧や血中脂質、血糖値などが高めとわかったら、生活改善を心がけること。高血圧や脂質異常症、糖尿病などに至っても、きちんと治療して、重症化させないことが足を失わないためにも重要です。


その他の記事はこちらから