文字サイズ

食中毒が心配な夏の心得

食中毒が心配な夏の心得

細菌による食中毒は夏に多く発生

 気温の上昇とともに、人の集まるさまざまな施設や学校、飲食店などで、食中毒が多発しています。しかし、食中毒の発生場所としては、家庭も例外ではありません。
 食中毒は、ウイルスや細菌によって発生しますが、夏に増える食中毒は、主に腸管出血性大腸菌(O157、O111など)やカンピロバクター、サルモネラ菌などの細菌によるもの。これらは高い室温・湿度を好むため、夏場の室内で活発に増殖し、食べ物を通じて体内に入ると、さらに速いスピードで増殖します。
 とくに子どもや高齢者など、免疫力や体力の弱い家族は重症化しやすいため、以下のポイントに注意して、食中毒を予防しましょう。

食中毒予防の3原則「つけない」「増やさない」「やっつける」

 

(1) 細菌などを食べ物に「つけない」

  • こまめに手洗い
    調理を始める前、調理の途中でトイレに行ったり鼻をかんだりした後などは、必ずせっけんでよく手を洗いましょう。
  • 調理器具や食器類にも注意
    生の肉・魚を切ったまな板や包丁などは、使用したたびに、洗剤できれいに洗い、塩素系除菌漂白剤などで除菌しましょう。できれば、まな板や包丁は肉用・魚用・野菜用で使い分けるのが理想的。焼肉などでは、生の肉をつかむ箸と焼けた肉をつかむ箸は別にします。
  • 食品の汁だれを防ぐ
    生の肉や魚を購入して持ち帰る際や、冷蔵庫で保管する際は、ビニール袋や容器に入れて、汁がほかの食品につかないようにします。

(2) 食べ物についた細菌などを「増やさない」

  • 低温で保存
    菌の増殖は10度以下でスピードが低下し、マイナス15度以下で停止します。買い物では生鮮食品や冷凍食品を最後に買い、帰宅後すぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れて保管します。
  • 自然解凍を避ける
    冷凍食品の解凍には冷蔵庫や電子レンジを使用。また、使う分だけ解凍して、再冷凍や解凍は繰り返さないようにします。

(3) ついた細菌を「やっつける」

  • 十分な加熱
    ほとんどの細菌やウイルスは、加熱によって死滅します。肉や魚の加熱の目安は、中心部を75度以上で1分間以上。野菜も加熱すると安全です。また、調理後の食品を温め直すときも同様に十分に加熱しましょう。時間が経ちすぎたものは、腐ったにおいがしていなくても菌が増殖しています。思い切って捨てることも大切です。
  • 手洗いはせっけんで
    手は水洗いでなく、せっけんを使ってしっかりと洗います。指の間や爪の中も忘れずに。
  • 調理器具やふきん、タオル類も殺菌
    使用後の調理器具や食器用スポンジは、洗ったあと、熱湯をかけるか台所用殺菌剤で殺菌します。また、ふきんやタオル類は熱湯で煮沸して、天日干しでしっかり乾燥させるか、漂白剤などを使用して殺菌します。

食中毒かな? と思ったら……

 嘔吐(おうと)や下痢(げり)の症状が出た場合に、市販の吐き気止めや下痢止めなどの薬を服用すると、原因物質を排除しようとする体の反応を、逆に抑えてしまいます。食中毒かなと思ったら、それらの薬をむやみに服用せず、早めに受診しましょう。


その他の記事はこちらから