文字サイズ

健康食品を安全に使うには、正しい知識をもとう

健康食品を安全に使うには、正しい知識をもとう

健康の維持や増進に役立つこと(機能性)を表示できる「保健機能食品」

 近年、「健康食品」と呼ばれる食べ物や飲み物、サプリメントなどが次々に発売されており、加工食品だけでなく、野菜や果物などの生鮮食品も登場しています。
 そのうち、「特定保健用食品」あるいは「栄養機能食品」、「機能性表示食品」と記載されているものは、国の定めた栄養成分について一定の基準を満たしている「保健機能食品」です。保健機能食品は、「特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)」として、その栄養成分の機能を表示することが認められていますが、それぞれ次のような違いがあります。

  • 特定保健用食品
    「トクホ」という通称で知られる、「特定の保健の目的が期待できる(健康の維持増進に役立つ)」ことが科学的根拠に基づいて認められた食品です。
    「おなかの調子をととのえます。」「血圧が高めの方に適しています。」など、効果を表す文言と、許可マークが表示されています。表示されている効果や安全性は国が審査し、食品ごとに消費者庁が許可しています。
  • 栄養機能食品
    1日に必要な栄養成分の補給・補完のために利用できる食品です。
    国が定めた20種類の栄養素について、「カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。」「ビオチンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。」などのように機能が表示されています。国が定めた規格基準に適合していれば、国への許可申請や届出の必要はありません。
  • 機能性表示食品
    2015年4月に新たに登場したもので、事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。
    販売前に安全性や機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官に届け出られたもので、特定保健用食品とは異なり、国が安全性と機能性の審査を行っているものではありません。届け出られた情報は、消費者庁の「機能性表示食品の届出情報」にて公開されています。

(消費者庁「消費者の皆さまへ『機能性が表示されている食品を購入する際は、キャッチコピーだけでなく、パッケージの表示をしっかり確認しましょう!』」より作成)

健康食品は「安全」とは限らない

 「健康食品」と聞くと、安全で体によいものと思いがちですが、安全性や有効性が評価されているものは特定保健用食品などほんの一部です。機能性の表示ができない「いわゆる健康食品」には、有害な成分を含むものや、医薬品成分を違法に含む「無承認無許可医薬品」もあります。
 健康食品の安全性や有効性の情報や、これまで報告された健康被害や無承認無許可医薬品については、国立健康・栄養研究所「『健康食品』の安全性・有効性情報」に随時掲載されているので、参考にしてください。

使い方によっては健康被害のおそれも。特に病気の人や服薬中の人は注意

 また、たとえ安全性や有効性が評価されている食品であっても、使う人の年齢や体調、使い方(過剰摂取など)によっては、よくない影響が出るおそれがあります。
 高齢者や子ども、妊娠中の女性、病気の人は、成分の影響を受けやすいので注意が必要です。特に、病気の人が摂ると病状が悪化したり、服用中の薬の成分との飲み合わせ(相互作用)で有害事象が起こったりする可能性もあります。
 食品安全委員会では、それらを含めた健康食品についての注意点を19のメッセージにまとめています(下記)。健康食品を摂取中の人や、摂取を検討している人は、目を通しておきましょう。


その他の記事はこちらから