文字サイズ

紹介状なしで大病院を受診した際の医療費が上がります

紹介状なしで大病院を受診した際の医療費が上がります

初診時は医科5,000円以上、歯科3,000円以上の追加負担

 2015年5月に成立した医療保険制度改革関連法により、2016年4月から、大学病院などの大病院(特定機能病院と入院用ベッド500床以上の地域医療支援病院)を紹介状なしで受診した場合の追加負担が義務化されます。
  初診時は5,000円以上(歯科は3,000円以上)、再診時には2,500円以上(歯科は1,500円以上)、かかった医療費に上乗せして支払うこととなります(ただし、救急のときや大病院受診がやむを得ない患者など、一部の場合をのぞきます)。
追加負担の具体的な金額は、上記を最低金額として、医療機関ごとに決めてよいことになっています。

 大病院は、本来、専門医や高度な医療機器を多数有し、それらを必要とする患者に対応するための医療機関です。
 今回の改定には、専門的な医療を必要としない通常の外来診療の患者に対し、大病院ではなく、小規模の診療所や医院、中小病院を受診するよう促すことで、医療機関間の役割分担を進めるねらいがあります。

受診するなら、まず、かかりつけ医。大病院へは紹介状をもらってから

 通常の外来診療の際、まず、かかりつけ医などの小規模の医療機関を受診すると、次のようなメリットもあります。

  • 検査や治療などの重複が避けられる
    かかりつけ医に診察してもらえば、検査データや、これまでほかの症状で受診した際のデータが集積されているため、より的確な診断が受けられます。
    検査や治療の重複を避けられるため、医療費の節減や、体の負担の軽減につながります。
  • 待ち時間が少なくて済む
    大病院は待ち時間が長くなりがちです。軽症の患者が次々に受診すると、専門的な医療を求めて大病院を受診した患者の待ち時間を増やしてしまいかねません。
    また、急な体調不良時には、長時間待っている間に症状が悪化しやすいもの。小規模の医療機関ですぐに診察を受けたほうが、早く回復する可能性があります。

 救急時以外の体調不良のときは、まず、かかりつけ医など、小規模の医療機関を受診しましょう。専門的な検査や治療が必要かどうかは、医師が判断し、必要な場合は大病院などへの紹介状が渡されます。
 大病院での専門的な治療がひと段落した場合には、小規模の医療機関に「逆紹介」されることもあります。


その他の記事はこちらから