文字サイズ

第17回 佐々木巌さん

第17回 佐々木巌さん

住  吉
運動器具を買うという意識でポールを手に入れて、ノルディックウォーキングをする。基本歩くだけなので、そういう意味では、全く新しい運動をするより始めやすいですね。
ここからは、メタボを改善するための食事法について伺います。運動だけでなく“食事法”も大事ということですね。
佐々木
そうですね。仕事の形態が多様化しているということから、不規則な食習慣、例えば深夜の飲食など、一番気を付けなければいけないと思います。
住  吉
メタボと診断されていなくても、この季節は体型を引き締めたいという方もいるかと思いますが、ダイエットはなかなか上手くいかないという方が多いと思います。指導する立場から、巷で皆さんがしているダイエットについて、どう思っていらっしゃいますか?
佐々木
糖質制限ダイエットなど、流行っているダイエット法は、痩せるために糖質や脂肪を制限します。過剰摂取は正さないといけないですが、短期的な効果を狙って極端な制限をするので、長続きしないんです。つまり、継続性がないダイエット法というのは、基本的にはダメなダイエットです。
住  吉
ある程度継続できる食事法で、継続的に体重管理していくというのが大事なんですね。効果が目に見えるのは大体どのぐらいという気持ちで食事法に取り組んだら良いんですか?
佐々木
3ヶ月から半年ぐらいと考えていただくと良いです。
住  吉
「1ヶ月で何とかしよう」という考え自体が失敗のもとになるということですね。
佐々木
あまり焦らない方が良いと思います。
住  吉
聴いていらっしゃる方のご家族、お父さまや旦那さまが絶対にメタボで心配なんだけれども、なかなかその食事法をやってくれない、という場合は、どのように男性のモチベーションに火をつけたら良いでしょうか?
佐々木
男性は論理的にきちんと説明をすると、その通りに一生懸命やれる方が多いんです。女性はむしろ感覚的に「こういうことをしていると良くないんじゃないか」ということがわかるんですが、男性は論理を重んじて「こういうやり方でやるとこれだけ良くなります」という目安を示してあげるのが良いかなと思います。
住  吉
例えば数字とか?
佐々木
はい。
住  吉
具体的にどんな数字を示せば良いですか?
佐々木
極端なダイエットでなくても、食習慣を改善するとひと月に1~2kgぐらいの体重減少はあるんですが、それに応じて、例えば血圧が改善したり、高かった血糖値が少し下がってきたり、そういった検査値の改善というものが必ず並行して見られてきます。それがわかると男性は一生懸命やりますね。
住  吉
食事法も色々とあると思うのですが、佐々木先生が推奨されている「地中海式食事法」とはどういうものですか?
佐々木
「地中海式食事法」というのは、基本的には植物オイルとしてオリーブオイルを使った食事法です。非常に長い歴史がありまして、単に体重を落とすためのダイエットではなく、もっと幅広い意味で、健康のための食事法です。糖質を制限する、脂質を制限するということではなく、全ての栄養素を程よくとることが、結果的に健康に繋がる、健康を増進する、そういう考え方に立ったダイエット法です。
住  吉
オリーブオイルをとる、バランスよくとるということ以外に、どういった特徴がありますか?
佐々木
単純糖質は血糖値の上昇を促すんですが、そういうものではなく、複合糖質、穀物を主食としてきちんととりなさいということです。それから、脂肪のとり方に関しては、(飽和脂肪酸を多く含む)動物性脂肪を沢山とると、インスリンの抵抗性を高めてメタボの原因になるんです。そういった動物性脂肪は控えて、飽和脂肪酸が少ない魚や鶏肉を優先的にとるということ、そして植物性のオイルとしては、抗酸化作用の強いオリーブオイルを主体として使うということが基本です。
【飽和脂肪酸については、次のページで詳しくご紹介しています】
 肥満予防と健康維持にアブラの賢いとり方
住  吉
これをどのぐらい続けると、効果が実感できるようになりますか?
佐々木
身体の反応は割とすぐに出てくるんですが、例えば1~2ヶ月、今言ったような食習慣に変えますと、検査値の方にも改善が見られるようになります。
住  吉
特に、メタボには効果が高いわけですね。
佐々木
そうですね。内臓脂肪を溜めにくいという医学的な効用があります。
住  吉
パスタなどはむしろ太りやすいというイメージがありましたが、結構(食べても)良いんですね。
佐々木
量を沢山食べ過ぎると、何でも脂肪についてしまいますが、パスタは複合糖質でデュラムという小麦を使って押し固めてできるものですから、消化吸収が非常に緩やかで血糖値の上昇も緩やかになる、という特徴があります。
住  吉
今日は「地中海式食事法」「ノルディックウォーキング」の方法を伺いましたが、両方とも、途方もないことをやるということではなく、日常生活を少し変えようとするだけで身体もずいぶんと変化するということですので、気になる方はぜひチェックしてみてください。
佐々木先生ご自身は、健康診断にはかかさず行っていらっしゃいますか?
佐々木
毎年受けています。
住  吉
では最後に、佐々木先生の「健康の秘密」を教えてください。
佐々木
健康の秘密は“身体が喜ぶことを積極的に行うこと”。これに尽きます。
住  吉
運動や食事法も、正しく行うと必ず身体が喜ぶということですね。
佐々木
運動はツラいイメージがありますが、例えば今みたいな夏を快適に過ごすためには運動はかかせませんし、食事の方も、ストレスを溜めない、身体が喜ぶ食事をするということが、メタボの予防に一番大事だと思います。
住  吉
今日のお話は、佐々木先生の著書『フィットネスのためのノルディックウォーキング』『美味しくて健康的で太らないダイエットなら地中海式』でも詳しく読むことができます。佐々木巌先生、ありがとうございました!
ここで、あなたの健康をサポートする協会けんぽ東京支部からのお知らせです。皆さんは、メタボに着目した健診をご存知ですか? 内臓脂肪の蓄積や、血糖、血圧、中性脂肪等を検査します。必要に応じて改善を行えば、心臓病や脳卒中といった生活習慣病の発症リスクを減らすことができます。協会けんぽ加入者ご本人向けの「生活習慣病予防健診」を受けると、メタボのリスク数に応じて、特定保健指導が受けられます。詳しくは、協会けんぽのホームページをご覧ください。
8月3日(木)のゲストは、モデルの高山都さんです。次回もどうぞお楽しみに!