文字サイズ

第37回 はいだしょうこさん

第37回 はいだしょうこさん

住  吉
住吉美紀がお届けしています、TOKYO FM「Blue Ocean」。今日の「Blue Ocean Professional supported by 協会けんぽ 健康サポート」のゲストは、NHK『おかあさんといっしょ』の第19代うたのおねえさんで歌手の、はいだしょうこさんです。
はいだ
よろしくお願いいたします。
住  吉
宝塚で娘役として活躍して、2002年に退団され、うたのおねえさんになられました。番組卒業後は歌手、女優業、バラエティ番組へのご出演など、幅広く活躍されています。元々はタカラジェンヌだったんですね。
はいだ
そうですね。宝塚はそんなに長い期間いなかったんですけど、宝塚出身です。
住  吉
うたのおねえさんをやっていて思い出深いことはありましたか?
はいだ
一番大変だったのが、交代の時で。おにいさん・おねえさんは1人の任期が長いので、交代の時に「前のおねえさんが良かった」という…そのプレッシャーで1年目は大変でしたね。
住  吉
何年務められたんですか?
はいだ
私は5年間です。
住  吉
どのぐらいから、子供たちが自分を受け入れてくれているなと感じましたか?
はいだ
子供たちは早くて、何ヶ月かぐらいで「しょうこおねえさん、しょうこおねえさん」となるんですけど、親御さんたちは、毎朝観ているおにいさん・おねえさんがかわる時が一番…。みんな経験することなんですけど…。
住  吉
子育てを一緒に助けてもらっている、というような気持ちもあるからでしょうね…。
そんなはいださんですが、昨年突然ぎっくり腰になって、健康の大切さを実感したと?
はいだ
そうなんですよ。今まで、うたのおねえさん時代も、子供を両脇に抱えて下からグッと持ち上げても全然平気だったんですけど、ちょうど1年前ぐらいに、ティッシュをちょっとそこのゴミ箱に捨てたんですよ。そしたら、ギクッとなってしまって…。そのぎっくり腰の時に注射を打ったんですけど、その1週間後ぐらいにひどくなって、ヘルニアになってしまいました。それで、注射を打ったり鍼をしたり色々なことをして。お仕事で飛行機に乗る時も座っていられなくて…泣きながら乗っていました。
住  吉
辛い…。今は大丈夫なんですか?
はいだ
今は、無理しすぎると痛みはあるんですけど…。