文字サイズ

第51回 純名里沙さん

第51回 純名里沙さん

住  吉
住吉美紀がお届けしています、TOKYO FM「Blue Ocean」。今日の「Blue Ocean Professional supported by 協会けんぽ 健康サポート」のゲストは、歌手・女優の純名里沙さんです。
純  名
よろしくお願いします。
住  吉
宝塚歌劇団在学中にNHK朝の連続テレビ小説『ぴあの』のヒロインになり、1996年宝塚を退団し、女優・歌手として、映画、舞台、CM等で幅広く活躍中でいらっしゃいます。3月14日にニューアルバム『う・た・が・た・り』をリリースしたばかりです。こちらはどんなアルバムなのでしょうか?
純  名
前回のアルバムは日本語の曲が2曲入っていて、あとは全部英語だったので、今回は全曲日本語でやろうとチャレンジしました。オリジナル曲も、一緒に音楽活動をしている笹子重治さん(Choro Clubのリーダー・ギタリスト)に「作ってください…!」と言っていたんですけど、なかなか曲ができなくて。できたのがレコーディングの1ヶ月前だったんですよ。
住  吉
えっ! 結構迫っていますね…。
純  名
でも曲が良いので、思ったよりも歌詞がスルスルとおりてきてくれて。あとは、初めて作詞作曲両方を担当した『子どものように』という曲も入れたり、『テネシーワルツ』や『黄昏のビギン』など往年の名曲も入っています。『奥さまお手をどうぞ』という懐かしい曲も、ディック・ミネさんのバージョンの歌詞で入れてみたり…今回は日本語にこだわって作りました。
住  吉
ではカバーもオリジナルも、とにかく日本語にこだわったんですね。
純  名
難しかったです、日本語。
住  吉
でもこれまでずっとお歌いになってきているので…。
純  名
ただ、洋楽が好きなんでしょうね。発音の仕方を英語のように歌った方が、もっと軽く歌えたかなと思いました。
住  吉
英語のように?
純  名
英語の方が音楽に乗る感じがするんですよね、私は特に。日本語でどうしてもかたくなってしまう部分も、とにかく柔らかく表現したいと思って頑張りました。
住  吉
改めて気づいた日本語の美しさや素敵さはありましたか?
純  名
『奥さまお手をどうぞ』のディック・ミネさんの歌詞はとてもゾクゾクして、すごく想像力をかきたてられるような歌詞がついていたので、それは男になった気持ちで歌えます。あとは、ものすごく良い女の歌である『知りたくないの』。
住  吉
良い曲ですよね。
純  名
良い曲なんです。うちの父が大好きで、今回入れたらすごく父が喜んでくれました。
住  吉
元々は英語の曲ですよね。
純  名
英語の曲なんですよ。でも、なかにし礼さんの歌詞が秀逸で。カバーはほとんど男性が歌っていらっしゃるんですけど、その理由が歌ってみてわかりました。
住  吉
というと?
純  名
女性が歌うと、「あなたの過去など 知りたくないの 済んでしまったことは 仕方ないじゃないの」って言えるのかな…と。すごく良い女性なので。歌ってみて、1テイク録って聴き直した時に「あ、ダメだ。録り直したい」と思ったんですけど、とてもキツイ女性になってしまったんですよ。「あなた、どういうこと?」と詰め寄るような歌い方になっていたから、いけないいけない…と。ものすごく可愛い女性のように、純粋になって歌い直したら、もう泣きそうになってしまいました。こんなに良い女性はこの世にいるんだろうかというぐらい、この中に出てくる女性がとても素敵で。
住  吉
器も大きいですよね。
純  名
こんな女性になりたいって思いましたね。