文字サイズ

第60回 小島聖さん

第60回 小島聖さん

住  吉
住吉美紀がお届けしています、TOKYO FM「Blue Ocean」。今日の「Blue Ocean Professional supported by 協会けんぽ 健康サポート」のゲストは、女優の小島聖さんです。
小  島
おはようございます。お願いします。
住  吉
女優として映画や舞台で活躍されているのは皆さんご存知だと思いますが、料理やアウトドアもかなり本格的にやっていらっしゃいます。国内外の山を歩き続けていることでも知られていまして、30歳が初ネパールだったとのことですが、海外での山歩きを始めたのが30歳ということですか?
小  島
そうですね。ネパールでトレッキングしたのが最初で、「面白いかも!」と思って。
住  吉
女性は30歳になる前に「この生き方はどうなのか?」と考えると言いますが、この初ネパールの時にそういう感覚はあったんですか?
小  島
たぶんあったんだと思います。もやもやしていて、全然違う切り口で外国に行ってみたいと思って、ネパールに行ったんだと思います。
住  吉
ネパールには、山を登りに行ったんですか?
小  島
山も登ったし、サファリしたり、世界遺産を観光したり。その中で、トレッキングが面白かったなと。
住  吉
そして、その後色々と歩かれて、海外の山にまつわるエピソードがまとまっています、最新エッセイ『野生のベリージャム』というご本を出されています。ネパールが山に興味を持ったきっかけというより、国内も歩いていらっしゃるので、山に興味を持ったきっかけというのは別にあるんですか?
小  島
山に興味を持ったのもネパールの旅が最初で、たぶん小さい時に家族で山に行ったりはしていたと思うんですけど、大人になってからは自分で行こうとは思っていなかったので。
住  吉
小島聖さんの“聖”というお名前は、南アルプスの“聖岳”からつけられたと伺いました。
小  島
そうなんです。両親がつけてくれました。
住  吉
ご両親も山好きなんですか?
小  島
父が山好きで、登っていたみたいです。
住  吉
『野生のベリージャム』では、ネパールやアラスカの山歩き、アウトドアの様子などが綴られていて、中でも印象的なのが、アメリカ ヨセミテ国立公園の「ジョン・ミューア・トレイル」というトレイルのお話なんですが、ここはアウトドア好きの皆さんの間では有名なトレイルなんですか?
小  島
結構有名だと思います。ジョン・ミューアさんという「自然保護の父」と呼ばれている方がいて、その人が見つけた道です。
住  吉
今も色々な方が歩かれているんですけど、全長が…。
小  島
340km。
住  吉
すごいですよね。この距離を歩くんですよね。しかも、ただ平らな340kmの道ではなく。
小  島
そうですね。起伏は結構ありますね。
住  吉
川もあり、砂利もあり、森もあり…その中を歩くんですけれども、そこを小島さんは5年くらい前に20日間かけて歩き通しました。その様子がつぶさに記録されています。食べた物や歩いた距離、その日の体調なども全部記録されているので、読むだけで自分も追体験してしまうのですが、今思い出しても強烈な体験でしたか?
小  島
うん、でもすごく楽しかったです。
住  吉
アメリカに住んでいるお友達と2人で歩いて?
小  島
そうです。
住  吉
トレイルに行くというのは、基本的に衣食住を持って歩くということですよね。
小  島
はい。自分の背中に背負って、その中で完結した生活を送るという。
住  吉
テントや最低限の着替え、必要な生活用品、食事。最重量が20kg。そこからちょっと減ったり。
小  島
ちょっと減るけど、10日目ぐらいにまた後半の10日分の食事を郵送しているんです。だからまた20kg。
住  吉
まず、よくこれをしようと思いましたね。
小  島
本当ですよね。でも今でもまたしたいなと思います。
住  吉
そうですか! 東京~名古屋ぐらいの距離?
小  島
そんなにあるんだ!(笑)
住  吉
何が「もう1回したい」と思うぐらい良かったんですか?
小  島
とにかく気持ち良いんですよね、全部が。
住  吉
『野生のベリージャム』には、途中で写真が何箇所が出てくるんですが、この写真は小島さんが撮られたんですか?
小  島
これは一緒に歩いたパートナーの彩ちゃんという女性が撮ってくれて。
住  吉
すごく綺麗な写真で。この写真を見ると「わぁ、行ってみたい!」と思うんですけど、文章を読んで「んー、私には無理かも…」と(笑)。360°自然で、夜の星も綺麗だと書いてありましたね。
小  島
綺麗でした。でもなかなかその星を見るまで起きていられず…疲れすぎて寝てしまう日々が長かったです。
住  吉
あと、トレイルの中で歩いていると、現地の方や他の国から歩きに来ている方とのちょうど良い距離感の出会いがあるんですってね。
小  島
そうなんです。だから、何となく顔見知りになると声を掛け合ったり、私たちはわからないことがたくさんあったから、そういう時に助けてもらったりして、良かったです。340kmを歩くのは無理だとしても、2泊3日、3泊4日で「この部分だけ歩こうかな」とか、そういう歩き方もできるので。
住  吉
そういう方もいらっしゃるんですね。その場合は途中までどうやって行くんですか?
小  島
何箇所か、車などでアクセスできる入り口があるので、そこまで行ったり。
住  吉
そうなんですね。このジョン・ミューア・トレイルを歩き通して、1人の女性として、人として、何か変化はありましたか?