文字サイズ

第77回 森田豊さん

第77回 森田豊さん

住  吉
「知っておきたいお酒の医学」を学んでいますが、ここからはリスナーの皆さんからの健康の秘密をご紹介します。

「毎日朝と夜に体重測定と血圧測定を日課にしています。記録に取って頑張っています。あとマスクも毎日つけているから風邪も引かない。これが私の健康の秘訣です」
森  田
素晴らしいと思います。朝と夜にきちんとやっていたり、健康に気をつけていると思うんですが…一つだけ。最近注目されているのが、朝と夜の安静時に血圧を測ると正常なんだけれども、昼間、興奮したりイライラした時に血圧が急に上がる「血圧サージ」というのが問題になっているんです。一般の健康診断で血圧が正常だと言われても、この血圧サージがある場合は、脳卒中や心筋梗塞の率が高まるんです。だから、ちょっと興奮したりイライラした時に1回測ってみるというのも良いかもしれません。その時に異常に高かったら要注意ということです。

「私の健康でいるための秘訣ですが、いつも笑顔でいることを心がけています。笑顔でいることにより、自分自身はもちろんですが周りの方々にも『いつも笑顔で素敵ですね』と言われるようになり、気分がとても良いです」
森  田
最高ですね。笑いと健康というのが今噂されていまして、笑うことで免疫細胞の一つ、ナチュラルキラー細胞というのが活性化されると考えられているんです。病院の中でも、笑い寄席みたいなものを用意して、みんなの免疫を上げようという試みをやっているところもありますね。あと、笑うと美容にもいいんですよ。顔の表情筋を使うので、シワが少なくなって。どんどん笑ってください。

「昔から体力がなく、冷え性の私は、夏の過剰な冷房が辛いので、仕事中長袖を着ています。しかし今年の夏前から毎日30回だけですがスクワットを実施するようにしました。すると階段のぼりや坂道でのスピードが違う。息も切れず楽々。しかも弱冷房の状態なら半袖でも仕事ができました。これからもスクワットを続けてみます。筋肉と健康、意外と関係がありそうです」
森  田
筋肉は熱を作りますので、筋肉をたくさん作ることによって冷え性解消になるんです。身体の筋肉は70%が下半身にありますから、腕立て伏せや腹筋よりはスクワットが一番筋肉量を増やす運動と考えられています。
住  吉
そう考えると、デスクワークの方は本当に意識してスクワットなどをしないと…。
森  田
その通りです。あと、代謝を高めるために、お腹をへこませるために腹筋をしている方がいらっしゃいますが、腹筋よりもスクワットですね。
住  吉
スクワットしていれば、関連の筋肉が動かされて、結果腹筋したようにお腹にも効いてきそうですね。
森  田
その通りです。全体的に痩せることができますね。
住  吉
そして健康の秘訣の一つとして、自分の体と向き合う健康診断を受けることは大切ですよね。
森  田
大切ですね。私も毎年受けていますが、時期を忘れてしまう方がいるので、私はいつも誕生日前後に受けると決めていますね。
住  吉
必ずこの時期に、とか。
森  田
はい。その方が良いかもしれないですね。
住  吉
では最後に、森田先生の「健康の秘密」を教えてください。
森  田
私の健康の秘密は、“自分に合ったストレス解消法を見つけること”だと思っています。
住  吉
森田先生のストレス解消法は何ですか?
森  田
僕はヨガですね。週に2回、ヨガをやっています。その時に全部を忘れて無心になる、そして筋肉を鍛える。そうすると、さっぱりとした気持ちになります。でもそれは人によって違うわけですよね。だから、それを見つけた人が健康になれるんじゃないかなと、そんな気がします。
住  吉
森田豊先生、ありがとうございました!
ここで、あなたの健康をサポートする協会けんぽ東京支部からのお知らせです。選んでいますか? ジェネリック医薬品。ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ有効成分を含み、効き目や安全性が同等であると国から認められたお薬です。効き目が同じでありながら、先発医薬品ほど研究開発費がかからないため、価格を低く抑えられるんです。飲みやすい工夫がされているものも沢山あります。協会けんぽ東京支部では、ジェネリック医薬品の利用をおすすめしています。
9月27日(木)のゲストは、医師の尾崎治夫さんです。次回もどうぞお楽しみに!