文字サイズ

動脈硬化の進み具合が簡単にわかるLH比

動脈硬化の進み具合が簡単にわかるLH比

 LDL(悪玉)コレステロール値が低めでも、HDL(善玉)コレステロール値も低いと心筋梗塞などの危険性が高まります。健診結果から、LDLコレステロールとHDLコレステロールの比率を出すだけで、動脈硬化の進み具合を知ることができます。自覚症状がない動脈硬化は、こういった数値で、早めに「自覚」し予防しましょう。

脂質異常が動脈硬化の重要な危険因子

 メタボ健診(特定健診)の狙いは、動脈硬化を予防すること。いうまでもなく、動脈硬化は脳卒中や心筋梗塞など危険な病気を引き起こすので、動脈硬化が進んでいる人・進みやすい人を早めに見つけ出し、特定保健指導で生活習慣を修正して危険な状態から脱してもうらおうというものです。
 動脈硬化を進める重要な危険因子は、脂質異常です。健診の血液検査では、血液中にLDLコレステロール(以下LDL-C)が多すぎる(140mg/dl以上)か、HDLコレステロール(以下HDL-C)が少なすぎる(40mg/dl未満)、中性脂肪が多すぎる(150mg/dl以上)などが「脂質異常症」の診断基準です。
 このうち、LDL-Cが「悪玉コレステロール」、HDL-Cが「善玉コレステロール」と呼ばれているのはよくご存じでしょう。LDLとかHDLというのは、アブラであるコレステロールが水分の多い血液中に入り込むために結合しているリポたんぱくという粒子です。悪玉とか善玉と呼ぶのは、このLDLとHDLの働きの違いを表現したものです。

増えすぎると動脈内にたまるLDL-C 、だから「悪玉」

 そもそもコレステロールは、体の細胞膜を構成する材料になるほか、各種のホルモンや脂肪の消化吸収を助ける胆汁酸を作るなど、なくてはならない重要な成分です。LDL-Cはコレステロールを肝臓から体のすみずみに送り届ける働きをし、HDL-Cは使われずに余ったコレステロールを回収して肝臓に戻す働きをします。
ところが、栄養のとりすぎや運動不足など生活習慣の乱れなどから、LDL-Cが増えすぎるとHDL-Cの回収する働きが追いつかず、余分なLDL-Cが動脈壁の内側に蓄積されていきます。これが動脈の内側を狭め動脈硬化を進行させることから「悪玉」視され、回収役のHDL-Cは「善玉」とされているのです。

多いほうが好ましいHDL-C、だから「善玉」

 このため、血液中にあるLDL-CとHDL-Cのバランスが重要になります。悪玉のLDL-C が多すぎるのは当然問題なのですが、たとえ正常の値であってもHDL-Cが少ないと相対的にLDL-Cが多いことになってしまいます。このバランスは「LDL-C/HDL-C比(L H比)」と呼ばれ、動脈硬化の進行具合を推測する新しい指標として注目されるようになりました。計算法は、健診結果に記されているLDL-Cの値をHDL-Cの値で割り、2.0を超えた場合は、頸動脈エコーなどを行って血管の動脈硬化をチェックすることをおすすめします。
 動脈硬化の進行を抑制したり改善を目的としたLDL-C/HDL-C比の目標値は、一次予防(現在は冠動脈疾患はないが、将来の発症を予防する場合)では2.0以下、二次予防(すでに冠動脈疾患を発症しているが悪化させないことを目的とする場合)では1.5以下とされています。ただし、高血圧、糖尿病、喫煙などの危険因子がある場合は、2.0以下であっても要注意です。
 たとえ動脈硬化になっていても、それ自体にはとくに自覚症状はありません。ですからこのLH比を知っていれば、早めに動脈硬化に気づき、改善に取り組むことができます。食事・運動習慣の改善、禁煙などに努めればLH比の低下、すなわち動脈硬化が改善されることが期待できます。

荒木 葉子 先生

監修者 荒木 葉子 先生 (産業医・内科医 荒木労働衛生コンサルタント事務所所長)
慶應義塾大学医学部卒業後、内科・血液内科専攻。カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学。報知新聞社産業医、NTT東日本東京健康管理センタ所長を経て、現在荒木労働衛生コンサルタント事務所所長。内科専門医・産業医・労働衛生コンサルタント。企業の労働衛生と半蔵門病院で内科診療を行う。主な著書に『臨床医が知っておきたい女性の診かたのエッセンス』(医学書院)、『働く女性たちのウェルネスブック』(慶應義塾大学出版会)など。