文字サイズ

メタボと脂肪肝の危険な関係

メタボと脂肪肝の危険な関係

 「NASH(非アルコール性脂肪肝炎)」の増加が問題になっています。放置すると、肝硬変から肝がんへと進行する危険も。NASHが進行している人ほど肥満があり、生活習慣病である糖尿病や高血圧症、脂質異常症を合併している割合が高くなっています。そのため、NASHは「肝臓のメタボ状態」ともいわれています。

健診などで見つかる肝機能異常のほとんどが脂肪肝

 定期健康診査や人間ドックなどで最も多く異常が見つかるのは肝機能検査で、そのほとんどが脂肪肝といわれます。脂肪肝になる最大の原因は、高脂肪・高エネルギーな食事のとりすぎに運動不足などが加わった不健康な生活習慣。これらはまさに、メタボリックシンドローム(以下、メタボ)を招く原因でもあります。
 脂肪肝は生活習慣の見直しで改善しやすいとされ、あまり深刻には受け取られないことがあるようですが、メタボと同様に動脈硬化に結びつくことが明らかになっていますから、あなどるのは禁物です。

脂肪のたまった肝臓は霜降り肉のよう

 脂肪肝とは、肝細胞の30%以上に中性脂肪がたまっている状態です。中性脂肪のたまった肝臓は、いわば霜降り肉のような状態。超音波検査の画像では、健康な肝臓は黒く映るのに対し、中性脂肪のたまった肝臓は白っぽく映ります。さらに組織の一部を採取して顕微鏡で観察すると、健康な肝臓では細胞の形と大きさが揃ってきっちりと並んでいますが、脂肪肝では細胞内に白っぽい中性脂肪がたまってふくらみ、不ぞろいになっているのがわかります。
 肉や魚介類、バター、植物油などの脂質を含む食べ物は、小腸で消化・分解されて中性脂肪となり、血液中を運ばれて(リンパ管や血管を通って)体を動かすエネルギー源として使われます。しかし、脂質のとりすぎや運動不足のために、使われずに余ってしまった中性脂肪は肝臓に蓄積されます。また、ご飯やパン、めん類などに含まれる糖質も、とりすぎて余った分はブドウ糖として肝臓に蓄えられたのち、中性脂肪へと合成されます。
 アルコールのとりすぎも、肝臓内に中性脂肪がたまる原因になります。なかでも、アルコールが大きな原因と考えられるものはアルコール性脂肪肝といい、肝炎から肝硬変へと進行し、やがて肝がんを発症するリスクが高いとされています。

若い人に増えている非アルコール性脂肪肝炎(NASH)

 脂肪肝が多く見られるのは、男性では40代前後、女性では40代以降といわれます。以前は、脂肪肝といえばアルコールによるものが多くみられました。しかし最近は、若い人を中心に、栄養のとりすぎによる脂肪肝が増えています。このような脂肪肝は、かつてはあまり心配ないとされてきましたが、今では一部の人が非アルコール性脂肪肝炎(NASH=ナッシュ)を発症して、肝硬変や肝がんに進行するケースがあることがわかっています。非アルコール性脂肪肝炎(NASH)進行の詳しいメカニズムは突き止められていませんが、内臓脂肪が蓄積している人に多いことがわかっています。
 現在のメタボの判定基準に肝機能異常や脂肪肝は入っていませんが、メタボも脂肪肝も原因となる生活習慣が共通しています。ですから、メタボを予防・改善する取り組みは、脂肪肝の予防・改善にも有効であるといえます。ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動を習慣化し、脂質や糖質、アルコールをとりすぎないように気をつけることが大切です。

荒木 葉子 先生

監修者 荒木 葉子 先生 (産業医・内科医 荒木労働衛生コンサルタント事務所所長)
慶應義塾大学医学部卒業後、内科・血液内科専攻。カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学。報知新聞社産業医、NTT東日本東京健康管理センタ所長を経て、現在荒木労働衛生コンサルタント事務所所長。内科専門医・産業医・労働衛生コンサルタント。企業の労働衛生と半蔵門病院で内科診療を行う。主な著書に『臨床医が知っておきたい女性の診かたのエッセンス』(医学書院)、『働く女性たちのウェルネスブック』(慶應義塾大学出版会)など。