文字サイズ

過剰な中性脂肪が超悪玉LDLを増やす

過剰な中性脂肪が超悪玉LDLを増やす

 中性脂肪は私たちの体に必要なものですが、血液中の値が高くなりすぎると問題に。超悪玉の「スモールデンスLDL」が多くなり、動脈硬化が促進されて心筋梗塞を起こす確率が高まります。中性脂肪の値が高い人は、早めに生活習慣を改善して正常値になるよう心がけましょう。

LDLコレステロールが小型化し、血管内に侵入しやすい

 メタボ健診(特定健康診査)などの血液検査で調べられる中性脂肪。私たちの体にとっては必要な物質なのですが、多過ぎることが問題になります。中性脂肪は体を動かすエネルギー源として使われ、体温の維持や外部の衝撃から内臓を守る働きもある反面、多過ぎると肥満や脂肪肝を招きます。さらに危険視されているのが、血液中の中性脂肪が多いとLDLコレステロールが小型化すること。LDLコレステロールは動脈硬化のリスクを高くしますが、小型化するとそのリスクがより一層高くなるのです。

  • メタボ健診での血中脂質の保健指導判定値
    中性脂肪(トリグリセライド)150mg/dl以上
    HDLコレステロール40mg/dl未満

 中性脂肪と同様、コレステロールも体内にある脂質の1つで、細胞膜やホルモンの材料になるなど私たちの体には必要不可欠です。このうち、体のすみずみに運ばれるLDLコレステロールは、多過ぎると血管内にたまって動脈硬化を引き起こすため悪玉視されています。また、HDLコレステロールは余分なコレステロールを回収して肝臓に戻すので善玉とみなされ、少ないことが問題とされます。
 中性脂肪が多いとなぜLDLコレステロールが小型化するのか、その理由はわかっていません。小型化したLDLコレステロールは「スモールデンスLDLコレステロール」といい、小さいぶん血管内に侵入しやすく、肝臓に吸収されにくいために血管内に長くとどまり、さらには大変に酸化されやすいので動脈硬化を促進してしまうのです。こういうことから、LDLコレステロールの上をいく「超悪玉」とも呼ばれる厄介者です。

LDLコレステロールが正常値でも中性脂肪が多いと危険

 超悪玉はLDLコレステロールが小型化したため、たとえ数が多くてもLDLコレステロール値としては正常値を示す場合があることがわかってきました。ですから、LDLコレステロール値が正常でも中性脂肪の値が高く出ている場合には、超悪玉が多く動脈硬化の危険が高いと考えなければいけません。
 超悪玉が多いほど、心筋梗塞を起こす確率が高いことが指摘されています。また、血糖値が高いと超悪玉が多いともいわれます。さらに、狭心症や心筋梗塞を起こしたことがある、血圧が高い、内臓脂肪型肥満がある、HDLコレステロールが少ない──などの人にも超悪玉が多い傾向がみられるようです。以上のようなことに当てはまるなら、保険診療として認められた超悪玉を測定する検査法があるので、脂質異常症の専門医などに相談するのがよいでしょう。

中性脂肪を減らすにはまず、運動を習慣的に

 メタボ健診では、腹囲やコレステロール値が正常値であっても、中性脂肪が正常値を超えていたら動脈硬化の危険があると考え、運動不足の解消や食生活の見直しを進めることが重要です。
 中性脂肪が減ると、LDLコレステロール値は変わらなくても超悪玉の比率が下がり、また善玉であるHDLコレステロールが増えることがわかっています。体を動かすエネルギー源である中性脂肪は運動で減らしやすいといわれていますから、ウオーキングや軽いジョギング、サイクリングなどの有酸素運動を週に3日以上習慣的に行うとか、普段の生活のなかでもこまめに体を動かすようにするとよいでしょう。また食生活の面でも、アルコールや甘いもの、油脂の多い料理が中性脂肪を増やしやすいので、それらを控え目にすることを常に意識してください。

荒木 葉子 先生

監修者 荒木 葉子 先生 (産業医・内科医 荒木労働衛生コンサルタント事務所所長)
慶應義塾大学医学部卒業後、内科・血液内科専攻。カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学。報知新聞社産業医、NTT東日本東京健康管理センタ所長を経て、現在荒木労働衛生コンサルタント事務所所長。内科専門医・産業医・労働衛生コンサルタント。企業の労働衛生と半蔵門病院で内科診療を行う。主な著書に『臨床医が知っておきたい女性の診かたのエッセンス』(医学書院)、『働く女性たちのウェルネスブック』(慶應義塾大学出版会)など。