文字サイズ

あなたの高血圧は「過剰型」と「収縮型」どっち?

あなたの高血圧は「過剰型」と「収縮型」どっち?

 高血圧の原因として、血管内の血液量が多い「血液量過剰型」と血管が収縮して血液の流れが悪い「血管収縮型」があります。二つの型は、混在している場合も多いです。高血圧の治療は、タイプに合った薬を使うこと、また、合併症や性・年齢に応じたものを使うことが大事です。

高血圧治療ガイドライン2014

 厚生労働省「2010年国民健康・栄養調査」によれば、30歳以上の日本人男性の60%、女性の45%が高血圧と判定されており、高血圧のある人は4300万人といわれています。治療を受けているのは、60代は50%、70代は60%といわれていますが、適正に管理されているのは30~40%といわれています。
 脳卒中大国だった我が国ですが、1965年には対10万人で男性361人、女性244人だったのが、2011年には男性47人、女性26人と激減しました。脳卒中、特に脳出血は高血圧の関与が高い疾患ですので、高血圧管理がいかに重要か分かりますね。
 最近では、動脈硬化が原因の脳梗塞や心筋梗塞などが増えてきており、動脈硬化を来す、肥満・高血圧・糖尿病・脂質異常・喫煙のコントロールの重要性が指摘されています。認知症も高血圧が関係しており、高齢社会の血圧管理の重要性はますます高くなっています。
 そんな中で高血圧治療ガイドラインが5年ぶりに改訂されました。家庭血圧が重要であることも強調されています。

血圧の目標値

診察室血圧 家庭血圧
若年、中年、前期高齢者 140/90mmHg未満 135/85mmHg未満
後期高齢者 150/90mmHg未満 145/85mmHg未満(目安)
糖尿病 130/80mmHg未満 125/75mmHg未満
慢性腎疾患(たんぱく尿陽性) 130/80mmHg未満 125/75mmHg未満(目安)
脳血管障害、冠動脈疾患 140/90mmHg未満 135/85mmHg未満(目安)

日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2014」より

病態に合ったお薬を使いましょう

 血圧とは、血管にかかる血液の圧力です。高血圧の原因として、血管内を流れる血液量が多過ぎる「血液量過剰型」と、血管が収縮して血液が流れにくい「血管収縮型」があります。
 「血液量過剰型」では、心臓から送り出される血液量が過剰なため、血管壁にかかる圧力が大きくなります。「血管収縮型」では、細い血管が狭くなっており、抵抗が高まっています。細い血管に血液を押し出すために、強い圧力が必要となり、血圧が高くなります。

 高血圧の治療は、生活習慣の改善、特にカロリーや塩分の制限、有酸素運動、禁煙、質の良い睡眠が大事ですが、それだけではコントロールできない場合、薬による治療が必要となります。

「血液量過剰型」の場合

  • 利尿薬……日本人は、塩分をたくさんとっている国民です。塩分をとり過ぎると、血液中の塩分濃度が高くなり、これを薄めるために水分が多くなることで血液量が増えます。利尿薬は腎臓に働きかけて、体内の塩分と水分の排出を促すことで血圧を下げます。
  • β(ベータ)遮断薬……心臓の交感神経が興奮して、拍出量が増えると血液量が過剰になります。これを抑えるため、心臓の交感神経に働くのがβ遮断薬です。

「血管収縮型」の場合

  • アンジオテンシンII受容体拮抗(きっこう)薬……血管を収縮させるアンジオテンシンというホルモンの働きを、ホルモンの受け手(受容体といいます)の場で抑えます。
  • アンジオテンシン変換酵素阻害薬……アンジオテンシンが作られるのを抑えます。
  • レニン阻害薬……アンジオテンシンを作る物質レニンを抑えます。
  • カルシウム拮抗薬……血管の壁にある平滑筋に作用して、血管を収縮させるカルシウムイオンが血管に入るのを防ぎ、血管を拡張させます。

こうした薬は、糖尿病や痛風に対する効果、副作用の出方、腎機能への影響などそれぞれに特徴があります。
 服用中の薬の効果が見られない場合は、同じ薬の量を増やすより、別の作用のある薬を組み合わせるほうが血圧を下げる効果が大きいことが分かってきました。複数の薬を飲むよりも、一錠のほうが飲みやすいので、作用の異なる薬の合剤も最近ではさまざまなものが作られています。
 高血圧は、ほとんど症状がありません。面倒になって途中で治療を止めてしまう方も多いです。でも、血圧を下げると、脳卒中や心筋梗塞などの重大な病気を予防できることは数々の臨床研究で明らかになっています。
 最近は、スマホなどで自分の血圧記録ができるようになってきました。いろいろな工夫で、楽しく健康管理をなさってください。

荒木 葉子 先生

監修者 荒木 葉子 先生 (産業医・内科医 荒木労働衛生コンサルタント事務所所長)
慶應義塾大学医学部卒業後、内科・血液内科専攻。カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学。報知新聞社産業医、NTT東日本東京健康管理センタ所長を経て、現在荒木労働衛生コンサルタント事務所所長。内科専門医・産業医・労働衛生コンサルタント。企業の労働衛生と半蔵門病院で内科診療を行う。主な著書に『臨床医が知っておきたい女性の診かたのエッセンス』(医学書院)、『働く女性たちのウェルネスブック』(慶應義塾大学出版会)など。