文字サイズ

メタボ予防には、肉も食べたほうがいい、ってホント?

メタボ予防には、肉も食べたほうがいい、ってホント?

ホントです。
メタボ予防やダイエットのため脂肪が気になる肉類は制限している、という人はいませんか。一見もっともらしいこの発想、実はお勧めできません。良質なたんぱく源である肉の摂取が不足すると、筋肉量が減ってしまい、メタボ予防にはかえってマイナスになる恐れがあるからです。脂肪を気にするなら低脂肪の肉を選び、たんぱく質をしっかりとりましょう。

たんぱく質不足からさまざまなトラブルが

たんぱく質は筋肉だけでなく、さまざまな臓器や血液など体の主要な組織を作る重要な栄養素です。

たんぱく質が足りないと、筋肉量が減少し、それに伴う基礎代謝の低下によって太りやすくやせにくい体になってしまいます。それだけでなく、筋力が落ちると転倒しやすくなります。高齢者の場合の転倒は、寝たきりの大きな原因になる骨折につながりかねません。このほか、血管が弱くなれば脳出血、赤血球が十分に作られなければ貧血、免疫細胞を作る材料不足から肺炎や結核などの感染症にかかりやすくなる――など、たんぱく質不足がもたらす弊害は深刻です。

高齢者に起きている新たな「栄養失調」

近年、上述のようなトラブルに見舞われる高齢者が目立つようになり、その原因を調べるとたんぱく質の摂取不足が浮かび上がってきました。食料事情の良い現代での、新たな「栄養失調」として注目されています。

しかし、トラブルに見舞われた高齢者が必ずしも食事を抜いていたわけではありません。1日3食きちんと食べてはいても、例えば一人暮らしだと自分の好きなものばかり食べてしまい、たんぱく質が足りていないといったことが起きているようなのです。

このような栄養失調状態が続けば、老化に伴って要介護や死亡のリスクが高まることが心配されています。例えば、将来的に介護が必要になるかどうかは歩行能力をみることである程度予測できるとされ、歩行能力に障害があるのとないのとでは、心臓病による死亡リスクが数倍違うといわれています。

このことから、介護や病気に直結する老化を少しでも遅らせることの重要性が指摘され、そのためには筋肉と骨の強さを保つのに欠かせないたんぱく質の摂取が大切であることが認識されるようになりました。

小池 澄子 先生

監修者 小池 澄子 先生 (管理栄養士、料理研究家)
女子栄養大学生涯学習講師ほか、複数の大学で非常勤講師を勤め、企業などで健康管理に関わる。食と自然と人を結ぶネットワーク有限会社カナ代表。現在は、クリニックや保育園での栄養相談やアドバイザー、地域で子育て支援、離乳食教室、講演、オーガニック菜食研究など行っている。栄養、料理、農場を通じて心と体と社会の健康を高める情報やレシピを提供し、“命を繋げてゆく食”を柱に食育活動展開中。著書に『簡単でおいしいおやつ』(かもがわ出版)、『おいしい山歩き』(大月書店)、『ステップアップ離乳食』(学習研究社)、『初めての離乳食』(ベネッセコーポレーション)、『黒豆健康生活』(青春出版)など多数。