文字サイズ

お酒を飲まない人も要注意の「脂肪肝」。肝硬変や肝がんの危険も

お酒を飲まない人も要注意の「脂肪肝」。肝硬変や肝がんの危険も

運動にはNAFLDの改善効果

NAFLDの改善には運動が有効であると、筑波大学の研究チームが報告しています。これは、運動強度の異なる3種類の運動でNAFLDの改善に及ぼす影響を調べたもので、強度と種類が違ってもそれぞれに改善効果がありました。さらに、日本の宇宙飛行士の運動プログラム用に開発された自転車による「高強度インターバル有酸素性トレーニング(HIAT)」では、NAFLDの炎症と酸化ストレスを抑える効果も確認されています*4

肝臓は再生能力が高いためNAFLDになっていても気づきにくく、見つかった段階では肝硬変に進行していたということも少なくありません。ですから、高脂肪・高エネルギーな食事を摂り過ぎないように気をつけ、適度な運動も習慣化するなど生活習慣を見直すことが大切。また、健診などで肝機能の検査値に異常が見つかったら、早めに治療に着手することが重要になってきます。

*4 Oh S, So R, Shida T, et al. High-Intensity Aerobic Exercise Improves Both Hepatic Fat Content and Stiffness in Sedentary Obese Men with Nonalcoholic Fatty Liver Disease. Sci Rep. 2017 Feb 22;7:43029.

荒木 葉子 先生

監修者 荒木 葉子 先生 (産業医・内科医 荒木労働衛生コンサルタント事務所所長)
慶應義塾大学医学部卒業後、内科・血液内科専攻。カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学。報知新聞社産業医、NTT東日本東京健康管理センタ所長を経て、現在荒木労働衛生コンサルタント事務所所長。内科専門医・産業医・労働衛生コンサルタント。企業の労働衛生と半蔵門病院で内科診療を行う。主な著書に『臨床医が知っておきたい女性の診かたのエッセンス』(医学書院)、『働く女性たちのウェルネスブック』(慶應義塾大学出版会)など。