文字サイズ

メタボの人に忍び寄る「CKD(慢性腎臓病)」。尿たんぱくを要チェック

メタボの人に忍び寄る「CKD(慢性腎臓病)」。尿たんぱくを要チェック

 いまや国民病ともいえる病気に「CKD(慢性腎臓病)」があります。心筋梗塞や脳卒中などの危険因子ですが、初期には自覚症状がありません。見つけるには尿と血液の検査が必要で、健診は発見の重要な機会になります。メタボがあるとCKDになりやすく、生活習慣の改善も大切です。

腎臓は、体にとって「肝腎要(かんじんかなめ)」な臓器です

現在では「かんじん」を「肝心」と書きますが、そもそもは「肝腎」です。肝臓、腎臓両者が健康にはとても大切であることを表しています。

腎臓は背中側に左右1つずつあるソラマメのような形の臓器です。1つの腎臓は、「ネフロン」と呼ばれる特殊な構造が約100万個集まってできています。ネフロンは、毛細血管が球状になった「糸球体」と、糸球体からつながる「尿細管」という管からなります。糸球体では、老廃物や水分がろ過されて原尿が作られますが、1日でなんと180Lにもなります。続いて尿細管が、全身から腎臓にむけて発信されたメッセージを判断して、体に何をどのくらい戻せばよいか決めていきます。原尿の99%が再吸収されるので、最終的に1日の尿量は1.5~2Lになるわけです。

腎臓は、老廃物の排泄、水・電解や血圧の調整をしたり、エリスロポエチンというホルモンを作って骨髄で赤血球を作る指令をだします。また、ビタミンDの活性化をすることで骨や筋肉を保ちます。腎臓の機能が悪くなると、こうした全身のネットワークが壊れてしまい、高血圧、心血管疾患(脳卒中や狭心症、心筋梗塞)などの大きな病気につながっていきます。最近では、腎臓は寿命にも関係しているといわれています。

CKDは血液をろ過する腎臓の働きが低下する病

CKDは、高血圧や加齢が引き起こす腎硬化症、糖尿病による糖尿病性腎症、免疫異常が関係する慢性糸球体腎炎など、腎臓の機能が損なわれていく病気の総称です。人工透析や腎臓移植が必要となるESKD(末期腎不全)の予備群とされており、ESKDの患者が世界中で増え続けていることから、毎年3月の「世界腎臓デー」(第2木曜日、2018年は3月8日)に合わせて、世界100カ国以上の国々で啓発活動が行われています。わが国では1,330万人(成人の8人に1人)いるとされ、新たな国民病といわれています。

*日本腎臓学会「CKD診療ガイド2012」、2012年、東京医学社

荒木 葉子 先生

監修者 荒木 葉子 先生 (産業医・内科医 荒木労働衛生コンサルタント事務所所長)
慶應義塾大学医学部卒業後、内科・血液内科専攻。カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学。報知新聞社産業医、NTT東日本東京健康管理センタ所長を経て、現在荒木労働衛生コンサルタント事務所所長。内科専門医・産業医・労働衛生コンサルタント。企業の労働衛生と半蔵門病院で内科診療を行う。主な著書に『臨床医が知っておきたい女性の診かたのエッセンス』(医学書院)、『働く女性たちのウェルネスブック』(慶應義塾大学出版会)など。