文字サイズ

母子ともに合併症の危険がある「妊娠糖尿病」を正しく知ろう

母子ともに合併症の危険がある「妊娠糖尿病」を正しく知ろう

リスクの高い人は妊娠前から血糖コントロールを。妊娠糖尿病は母子双方に合併症の危険

妊娠糖尿病になりやすいのは、肥満の人、尿糖検査で強度の陽性や2回以上繰り返して陽性になったことがある人、高年齢(35歳以上)での妊娠、家族に糖尿病患者がいるといった人です。これらに当てはまる人は、妊娠前から血糖コントロールに努めることが大切です。

妊娠すると、おなかの赤ちゃんが大きくなるにつれ、胎盤(たいばん)からインスリンの働きを抑えるホルモンが分泌されるなどでインスリンが効きにくくなり(インスリン抵抗性の増大)、血糖値が上がりやすくなります。それでも、膵臓(すいぞう)からのインスリン分泌が多ければ血糖値は上がりにくいのですが、もともとインスリンの分泌が少ない人や、働きがよくない人は、高血糖になりやすいのです。

お母さんが高血糖だと、おなかの赤ちゃんも高血糖になります。その状態が続くと、母体と赤ちゃんにさまざまな合併症が出る可能性があります。

母体には妊娠高血圧症候群、流産、早産、網膜症、腎症などの危険があり、赤ちゃんには先天性奇形、巨大児、心臓肥大、低血糖、多血症、胎児死亡などが起こる可能性が指摘されています。

また、妊娠糖尿病になった人は次の妊娠のときにも妊娠糖尿病を発症しやすく、将来にも2型糖尿病になりやすいことがわかっています。そのため、出産後6~12週にもう一度ブドウ糖負荷試験を受けることになります。

妊娠中は血糖値の自己測定と、食事療法・運動療法による血糖コントロールを

合併症を防ぐには妊娠中の血糖コントロールが大変重要です。自宅で血糖値を測って記録し、同時に食事療法・運動療法を行って、朝食前と食後2時間の血糖値、HbA1cなどの値を一定数以下に抑えることなどを目標とします。場合によっては、インスリン療法を行うこともあります。

血糖値の測定は、簡易血糖測定器を使って1日3~7回、ノートなどに記録していきます。最近では、睡眠時も含め24時間の変動を測定できるもの(持続血糖測定器)もあります。

食事療法は、医師や栄養士の指導のもと行います。通常、1日の摂取エネルギー量を妊娠時期によって付加量を変えながら1日3回、または4~6回に小分けにして摂取します。場合によってはインスリン療法が行われることもあります。

運動療法として妊婦が取り組みやすいのは、いつでもどこでも行えるウオーキングや、体操や水泳などの有酸素運動が勧められます。これらの運動を1日30分以上を目標に、食後の血糖値が上がり始める1~2時間以内に行うとよいとされています。出産に備えての体力維持、体重管理、さらにはストレス解消にも役立ちますが、運動を始める前には必ず主治医に相談しましょう。

参考文献

  • 日本糖尿病・妊娠学会「糖尿病と妊娠に関するQ&A」
  • 日本糖尿病学会「糖尿病診療ガイドライン2016」南江堂、2016
  • 日本糖尿病・妊娠学会と日本糖尿病学会との合同委員会「妊娠中の糖代謝異常と診断基準の統一化について」
  • Martis R, Crowther CA, Shepherd E, et al. Treatments for women with gestational diabetes mellitus: an overview of Cochrane systematic reviews. Cochrane Database Syst Rev. 2018 Aug 14;8:CD012327. doi: 10.1002/14651858.CD012327.pub2.

荒木 葉子 先生

監修者 荒木 葉子 先生 (産業医・内科医 荒木労働衛生コンサルタント事務所所長)
慶應義塾大学医学部卒業後、内科・血液内科専攻。カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学。報知新聞社産業医、NTT東日本東京健康管理センタ所長を経て、現在荒木労働衛生コンサルタント事務所所長。内科専門医・産業医・労働衛生コンサルタント。企業の労働衛生と半蔵門病院で内科診療を行う。主な著書に『臨床医が知っておきたい女性の診かたのエッセンス』(医学書院)、『働く女性たちのウェルネスブック』(慶應義塾大学出版会)など。