文字サイズ

更年期は女性の心身の転換点――増える病気に今から対策を

更年期は女性の心身の転換点――増える病気に今から対策を

 閉経の平均年齢は約50.5歳、一般的には45~55歳が更年期と考えられています。更年期はさまざまな不調に見舞われることの多い時期であり、その後の健康を左右する転換期でもあります。更年期に入る前に備えておき、適切に対応して生き生きと過ごしたいもの。「更」という字には「新しく入れ替わる」という意味もあるそうですから――。

閉経前後の約5年間が更年期。女性ホルモンの減少に伴い、不調が現れる

女性の更年期とは、閉経の前後約5年間を指します。女性は40歳を過ぎる頃から卵巣の働きが衰え出し、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が少なくなります。そして、50歳頃の閉経をはさんで心身にさまざまな変調が起こりがちになります。顔のほてりや足腰の冷え、息切れや動悸(どうき)、イライラ、疲れやすさ、肩こり、腰痛、手足の痛みなど多彩で、これらの症状が自覚される場合に更年期障害といいます。

更年期障害の症状改善には、ホルモン補充療法が有効なので、婦人科で相談するとよいでしょう(詳しくは、厚労省研究班「女性の健康推進室 ヘルスケアラボ」内のページを参照してください)。

更年期障害を乗り越えることも重要ですが、実は、閉経を迎えた女性が警戒しなければならないのは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満、以下メタボ)と骨粗しょう症です。

「今までメタボの心配はなかったから」と油断せず、生活習慣改善と健診受診を

メタボの原因は腸の周辺にたまる内臓脂肪。余ったエネルギーが脂肪となってたまる部位は、男性では腸の周辺、女性では尻や太もも(皮下脂肪)が中心ですが、閉経によって女性ホルモンの分泌がなくなると、女性でも内臓脂肪がたまるようになってメタボになる人が増えます。こうしたことから心血管疾患の有病率は、閉経期には女性は男性を上回るようになります。

更年期を意識するようになったら、食事の質と量に注意し、適度な運動を行って適正体重を維持するように努めましょう。また、公的医療保険の被扶養者であっても、職場や地域で「特定健康診査」(メタボ健診)を受けて、メタボのリスクがないかどうかを定期的にチェックすることも重要です。

荒木 葉子 先生

監修者 荒木 葉子 先生 (産業医・内科医 荒木労働衛生コンサルタント事務所所長)
慶應義塾大学医学部卒業後、内科・血液内科専攻。カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学。報知新聞社産業医、NTT東日本東京健康管理センタ所長を経て、現在荒木労働衛生コンサルタント事務所所長。内科専門医・産業医・労働衛生コンサルタント。企業の労働衛生と半蔵門病院で内科診療を行う。主な著書に『臨床医が知っておきたい女性の診かたのエッセンス』(医学書院)、『働く女性たちのウェルネスブック』(慶應義塾大学出版会)など。