文字サイズ

心と体を癒す入浴法

心と体を癒す入浴法

 お風呂好きの日本人にとって、入浴は欠かせない生活習慣。しかも、心と体の疲れを取り、リラックス効果も期待できるまたとない機会でもあります。入浴にどんな効果が期待できるか、どんな方法があるのかなど紹介します。バスタイムを楽しみながら、ストレス解消、リフレッシュなどに大いに役立ててください。

入浴の心と体の健康へのプラス効果

 お風呂に入ることで、体が温まって血行がよくなり、新陳代謝も活発になります。また、筋肉や関節をやわらかくして、筋肉疲労の原因物質である乳酸を体外に排出させ、疲労回復にも役立ちます。新陳代謝が活発になるので、むくみの解消やアンチエイジング効果が期待でき、筋肉をほぐすことで肩こり解消などにも有効といえます。
 さらに、ぬるめの湯につかることで、血圧を下げる効果も期待できるといわれています。ストレス解消にも、38~40℃程度のぬるめの湯にゆったりつかるのがよいとされています。
 血圧が高い人や心臓に持病のある人にはおすすめできませんが、熱めの湯にさっと入るのは、交感神経の働きを促し、気分をシャキッとさせる効果が期待できます。気分をリフレッシュしたいときや、朝、目覚めをスッキリさせたいときなどは、42~43℃の熱めのシャワーをサッと浴びるのがおすすめです。
 また、アロマテラピーで用いるエッセンシャルオイルには、リフレッシュ効果やリラックス効果があるものがあります。好みのエッセンシャルオイルを使ったり、市販の入浴剤を使ってもお風呂が楽しくなり、プラスαの効果が期待できます。

こんな入浴法がおすすめ

ぬるめの湯にゆったりつかる

 38~40℃のぬるめの湯に、少なくても10分、できれば20~30分、つかるとよいでしょう。
 体がじっくり温まって、体も心もほぐれてリラックスできます。寝つきがよくなる効果も期待できます。

洗面器やバケツなどを使って、手足をつける(部分浴)

 40~42℃くらいの湯に、20分くらい、手足をつけます。湯がぬるくなったら、随時、湯を足すとよいでしょう。末梢の血行を促し、冷え性の改善などにも効果が期待できます。

みぞおちから下だけ湯につかる(半身浴)

 湯の温度は38~40℃くらいのぬるめの湯に、つかります。血圧が高い人や心臓に持病のある人にもおすすめです。上半身が冷えないよう、肩にタオルをかけてもよいでしょう。月経痛のある人にもよいといわれています。

湯船につかったり、上がったりをくり返す(反復浴)

 40~42℃くらいの熱めの湯に、2~3分程度、湯船につかったり、上がったりを3~4回くり返します(ただし、血圧や心臓に不安がある人、妊娠中の人にはおすすめできません)。 新陳代謝がよくなり、軽い運動をしたくらいの効果が期待できます。

*いずれの方法でも、入浴の前後には水分補給を忘れないようにしましょう。

山本 晴義 先生

監修者 山本 晴義 先生 (医学博士 横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長
神奈川産業保健総合支援センター相談員 埼玉学園大学大学院客員教授)
1972年東北大学医学部卒業、1991年横浜労災病院心療内科部長、2001年より横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長。日本心療内科学会監事・専門医、日本産業ストレス学会理事、日本産業精神保健学会評議員、日本心身医学会評議員、日本職業災害医学会評議員。厚生労働省ポータルサイト「こころの耳」委員。著書は『ストレス一日決算主義』(NHK出版)、『初任者・職場管理者のためのメンタルヘルス対策の本』(労務行政)、『ビジネスマンの心の病気がわかる本』(講談社)、『ストレス教室』『働く人のメンタルヘルス教室』『メンタルサポート教室』(新興医学出版社)、『ドクター山本のメール相談事例集』(労働調査会)、『図解 やさしくわかる うつ病からの職場復帰』(ナツメ社)など多数。また、DVD『Dr.山本晴義の実戦!心療内科』(全2巻、ケアネット)、『元気な職場をつくるメンタルヘルス』(全12巻、アスパクリエイト)、CD『予防のための音楽「うつ」』(デラ)なども監修している。