文字サイズ

心のサポーターをもとう

心のサポーターをもとう

 あなたにとって、「気のおけない人」はいますか? 気軽に話せる人、一緒にいると楽しい人、困ったときに、心の支えになってくれる人……。忙しい毎日だからこそ、心のサポーターを複数、もっていたいもの。それには、日ごろからそうした関係を築いておく必要があります。

男は黙って……という傾向に潜む危険

 うつ病は女性に多いといわれています。しかし、うつ病から自殺に至ってしまう男性は、女性より数倍多いといわれます。これは、どうしてでしょうか。女性は、悩みがあると誰かに相談しようとすることが少なくありません。その誰かのなかには、医者も含まれているため、うつ病で受診する人が多くなり、女性には「うつ病の患者さん」が多いという結果になることが推察できます。
 いっぽう、男性は安易に他人に弱みを見せられない傾向があるため、つらいことがあっても人に相談することは少ないようです。心の問題で受診する人はさらに少なくなってしまうため、医療のサポートを受けられないまま、こじらせて「死」に至ってしまうことになりかねないのです。

日ごろから確保しておきたい「心のサポーター」

 たとえば、おしゃべりはれっきとしたストレス解消方法です。それも「たわいのない」おしゃべりが心には効果的。できれば、職場以外にも友人をつくって利害関係を離れた会話を楽しむ機会をもてれば理想的です。
 また、できるだけ毎日一度は家族で食卓を囲むようにしたり、ごくあたりまえかもしれませんが、「おはよう」「行ってきます」「ありがとう」「ただいま」などの言葉を習慣にして、家族同士のコミュニケーションをもつようにしておきましょう。心の悩みは、人に話すことで離れていくことが多いもの。日ごろから、夫婦や友人、同僚、趣味の仲間など、気軽に話せる相手を確保しておきたいものです。複数のサポーターがいれば、一つの人間関係に疲れたとき、別の人間関係に助けられるということがあるように、いろいろな角度からの解決の糸口がみつかります。公的な相談窓口などの情報も集めておくとよいでしょう。

全国にある相談窓口

 こうした相談窓口があることを知っておきましょう。最寄りのところを調べておいてもいいでしょう。


山本 晴義 先生

監修者 山本 晴義 先生 (医学博士 横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長
神奈川産業保健総合支援センター相談員 埼玉学園大学大学院客員教授)
1972年東北大学医学部卒業、1991年横浜労災病院心療内科部長、2001年より横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長。日本心療内科学会監事・専門医、日本産業ストレス学会理事、日本産業精神保健学会評議員、日本心身医学会評議員、日本職業災害医学会評議員。厚生労働省ポータルサイト「こころの耳」委員。著書は『ストレス一日決算主義』(NHK出版)、『初任者・職場管理者のためのメンタルヘルス対策の本』(労務行政)、『ビジネスマンの心の病気がわかる本』(講談社)、『ストレス教室』『働く人のメンタルヘルス教室』『メンタルサポート教室』(新興医学出版社)、『ドクター山本のメール相談事例集』(労働調査会)、『図解 やさしくわかる うつ病からの職場復帰』(ナツメ社)など多数。また、DVD『Dr.山本晴義の実戦!心療内科』(全2巻、ケアネット)、『元気な職場をつくるメンタルヘルス』(全12巻、アスパクリエイト)、CD『予防のための音楽「うつ」』(デラ)なども監修している。