文字サイズ

眠れていますか?

眠れていますか?

 ただでさえ寝苦しい季節……。寝つけない、朝、目覚ましよりも早く起きてしまう、朝起きても疲れがとれていない…。日本人の5人に1人は、睡眠になんらかの問題をもっているといわれています。しかし、ありがちなトラブルとして放置せず、早めの対処が肝心です。

眠れない人へ4つのアドバイス

 「眠れない」という悩みを抱えている人は少なくありませんが、ライフスタイルを見直したり、ちょっとした工夫で、解決することもあります。「眠れない」ことだけにとらわれてしまうと、かえって眠れなくなってしまいがちなので、まずは、日々ストレスをためないようにしてリラックス。そして、次のようなことを試してみてください。

「早起き早寝」を習慣にしよう

 早く眠ろうとすればするほど、あせってしまいかえって眠れなくなりがち。そこで、「早寝早起き」より、おすすめなのが、「早起き早寝」です。生体には1日のリズムを感じ取る体内時計が備わっていますが、この時計が朝の光を浴びることで毎日リセットされ、睡眠覚醒リズムが整うことがわかっています。

ぬるめの湯にゆっくり入る

 夏はどうしてもシャワーで済ませがちな入浴ですが、快眠のためには、眠りにつく1時間くらい前に、ぬるめの湯にゆっくりつかるのがおすすめです。リラックス効果があるのと同時に、入浴が体表面の温度を上げることで、体の深部の体温を下げるため、スムーズに寝つけることもわかっています。

週末の寝ダメは、逆効果

 平日は忙しいから、と週末に寝ダメをしていませんか? 昼までごろごろして、また夜ふかし……といった週末の過ごし方は、かえって体内時計を狂わせ、月曜日からの心身の状態に悪影響を及ぼします。

寝つきやすい環境を整えよう

 光が眠りを妨げることがわかっています。寝る前の照明は物がおぼろげに見える程度が理想的といわれます。照明を減らしたりして、部屋を暗めにすることがおすすめです。また、睡眠に適した室温は25~28℃、湿度は50~60%といわれます。

「眠れない」にひそむ病気を放置しないで、相談を

 こうした対策を講じても、眠れないと感じる日が2週間以上続いた場合は、放置しないで医師に相談することをおすすめします。例えば、睡眠不足が不安感やイライラを起こすため、うつ病発症の危険因子といわれます。同時に不眠がうつ発症のサインでもあります。また、不眠によって血圧が高くなったり、糖尿病が悪化してしまうなど、全身の病気にもかかわります。

山本 晴義 先生

監修者 山本 晴義 先生 (医学博士 横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長
神奈川産業保健総合支援センター相談員 埼玉学園大学大学院客員教授)
1972年東北大学医学部卒業、1991年横浜労災病院心療内科部長、2001年より横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長。日本心療内科学会監事・専門医、日本産業ストレス学会理事、日本産業精神保健学会評議員、日本心身医学会評議員、日本職業災害医学会評議員。厚生労働省ポータルサイト「こころの耳」委員。著書は『ストレス一日決算主義』(NHK出版)、『初任者・職場管理者のためのメンタルヘルス対策の本』(労務行政)、『ビジネスマンの心の病気がわかる本』(講談社)、『ストレス教室』『働く人のメンタルヘルス教室』『メンタルサポート教室』(新興医学出版社)、『ドクター山本のメール相談事例集』(労働調査会)、『図解 やさしくわかる うつ病からの職場復帰』(ナツメ社)など多数。また、DVD『Dr.山本晴義の実戦!心療内科』(全2巻、ケアネット)、『元気な職場をつくるメンタルヘルス』(全12巻、アスパクリエイト)、CD『予防のための音楽「うつ」』(デラ)なども監修している。