文字サイズ

お酒と上手につき合おう

お酒と上手につき合おう

 忘年会など、お酒の席が多くなるシーズン。「酒は百薬の長」ともいうだけに、適度なアルコールは、ストレス解消にもつながります。ただし、飲みすぎたり、頼りすぎたりするのは要注意です。

お酒で起こる「アルコール依存症」「ストレス肥満」

 「適度なアルコールは健康によい」という医学的なデータはたくさんあります。仕事帰り、楽しく飲むことは、ストレス解消になることも多いでしょう。
 ただし、ストレス解消の方法が「お酒だけ」というのは、とても危険です。ストレスが大きいほど、つい飲みたくなるものですが、いくら飲んでもストレスはなくなりません。すると、毎日飲むようになり、量も少しずつ増えていきます。気づいたときには、アルコールなしではいられない「アルコール依存症」になっていたということもあり得ないことではありません。
 もともと、アルコールに強い人ほど要注意。耐性があるだけに、適量を守ることが難しく、量もどんどん増えてしまいやすいのです。
 依存症とまではいかなくても、働き盛りではつき合い酒の機会が増えるうえ、ストレスを酒や食事で紛らわしたりしがちになります。お酒を飲むと体脂肪をため込みやすくなりこともわかっています。そのため、「ストレス肥満」になって、胃腸障害を起こしたり、虚血性の心臓病のリスクが高まったりするケースも多いのです。

酒好きな人ほど、そのほかのストレス解消法をもとう

 万一、「アルコール依存症」に陥ってしまったら、専門の医療機関へサポートを求めることが不可欠です。そして、治療には「お酒を止める」ことが大前提。
 「ストレス肥満」で体を壊した場合も、医師から禁酒を言い渡されることが少なくありません。
 そのため、お酒が楽しみな人ほど、適量を守り、週2日の休肝日を設けるなど、上手につき合ってほしいもの。ストレス解消をお酒だけに求めるのではなく、ほかの方法ももっておくようにします。ストレス解消のために「一人で毎日飲む」「朝から飲む」のは危険な行為と心得ましょう。
 また、部下や同僚の気持ちが沈んでいるときに、「お酒を飲みながら話を聞こう」とするのもやってはいけないことです。心が疲れているときには、お酒を交えないコミュニケーションが大切です。

アルコール依存症の進み方

 アルコール依存症は、以下のような段階で進みます。早い段階で気づいて、お酒とのつき合い方を見直しましょう。7、8に至ってしまったときには、医療機関への受診が必要です。

1 毎日飲むようになる。
  ↓
2 1回の酒量が増える。
  ↓
3 緊張をほぐしたり、寝つくために、酒を利用するようになる。
  ↓
4 頻繁にブラックアウト(飲酒時に一時的に記憶を失うこと)を経験する。
  ↓
5 周囲が飲みすぎを心配するようになる。
  ↓
6 飲酒にうしろめたさを感じ、一人で飲んだり、隠れて飲むようになる。
  ↓
7 アルコールが切れたとき、不快感、イライラ感、発汗、微熱、不眠、手の振るえなどといった離脱症状が出る。
  ↓
8 朝から飲酒するようになり、連続飲酒発作や山型飲酒(連続飲酒と飲めない時期が交互に来る)が出現する。

山本 晴義 先生

監修者 山本 晴義 先生 (医学博士 横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長
神奈川産業保健総合支援センター相談員 埼玉学園大学大学院客員教授)
1972年東北大学医学部卒業、1991年横浜労災病院心療内科部長、2001年より横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長。日本心療内科学会監事・専門医、日本産業ストレス学会理事、日本産業精神保健学会評議員、日本心身医学会評議員、日本職業災害医学会評議員。厚生労働省ポータルサイト「こころの耳」委員。著書は『ストレス一日決算主義』(NHK出版)、『初任者・職場管理者のためのメンタルヘルス対策の本』(労務行政)、『ビジネスマンの心の病気がわかる本』(講談社)、『ストレス教室』『働く人のメンタルヘルス教室』『メンタルサポート教室』(新興医学出版社)、『ドクター山本のメール相談事例集』(労働調査会)、『図解 やさしくわかる うつ病からの職場復帰』(ナツメ社)など多数。また、DVD『Dr.山本晴義の実戦!心療内科』(全2巻、ケアネット)、『元気な職場をつくるメンタルヘルス』(全12巻、アスパクリエイト)、CD『予防のための音楽「うつ」』(デラ)なども監修している。