文字サイズ

環境の変化によって起こるストレスには「時間」が薬になることも

環境の変化によって起こるストレスには「時間」が薬になることも

 12月に入り、新しい年は目前となりました。月日はだまっていても過ぎ去ってしまうように、人生にも環境の変化はつきものです。その変化がストレスになることもあります。そんなときは、あせらず時間が解決するのを待つのが得策です。

環境の変化はストレスの原因に

 異動、昇進、転勤、結婚、子どもの誕生……。人生には環境の変化がつきものです。個人的な変化ではなくても、会社の急速なIT化や、システムの大きな変更など、組織内部の変化、社会的な変化などもあります。環境の変化は喜ばしいこともある反面、今まで経験したことのないような問題にも向き合っていく必要にも迫られます。
 異動や転勤などに伴って、うつや職場不適応などに陥ってしまうケースもよく聞きます。組織内でも、今までと全く違う職種に異動を余儀なくされることもあるでしょう。
 環境の変化は、職場だけでなく、家庭生活での環境の変化もあります。たとえば「空の巣症候群」とは、母親に多くみられるもので、生きがいだった子どもの独立に際して、それまでの母親としての役割が減ることで、むなしさが高じてしまうのです。
 こうした環境の変化は大きなストレスとなるわけですが、その根底にはいずれも、今までの経験が通用しなかったり、役割の変化などによって起こる戸惑いや不安があります。

あせらず、時が解決してくれるのを待つ

 こうした不安を解消するには、まず、あせらないこと。時間が解決するのを待つのが得策です。あまりにもあたりまえと感じられるかもしれませんが、過去の役割を卒業して、新しい役割に移行するまでには、どうしても時間がかかります。以前の役割が合っていて、居心地がよかったなら、なおさらのこと。
 無理にじたばたせず、どっしりと構えていれば、おのずと解決してしまうことも多いのです。その際、過去のよいことばかりを思い出すのはよくありません。もし、どうしても過去を振り返らずにはいられないなら、よかったこと、悪かったことの両方に思いをはせるようにしましょう。そうすることで、過去に執着しないですみます。
 さらに、新しい環境のどこが不安なのか、考えてみることです。不安な気持ちは、不安が漠然としていると必要以上に増幅します。そのため、不安な点をはっきりさせ、その解消方法を具体的に考えることで不安が減らせます。なにもせずに、不安がっているときが、もっとも不安度が高まってしまうのです。
 あわただしく過ぎていく年を、ときにはどっしりと余裕をもって振り返り、新しい年を迎えましょう。

山本 晴義 先生

監修者 山本 晴義 先生 (医学博士 横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長
神奈川産業保健総合支援センター相談員 埼玉学園大学大学院客員教授)
1972年東北大学医学部卒業、1991年横浜労災病院心療内科部長、2001年より横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長。日本心療内科学会監事・専門医、日本産業ストレス学会理事、日本産業精神保健学会評議員、日本心身医学会評議員、日本職業災害医学会評議員。厚生労働省ポータルサイト「こころの耳」委員。著書は『ストレス一日決算主義』(NHK出版)、『初任者・職場管理者のためのメンタルヘルス対策の本』(労務行政)、『ビジネスマンの心の病気がわかる本』(講談社)、『ストレス教室』『働く人のメンタルヘルス教室』『メンタルサポート教室』(新興医学出版社)、『ドクター山本のメール相談事例集』(労働調査会)、『図解 やさしくわかる うつ病からの職場復帰』(ナツメ社)など多数。また、DVD『Dr.山本晴義の実戦!心療内科』(全2巻、ケアネット)、『元気な職場をつくるメンタルヘルス』(全12巻、アスパクリエイト)、CD『予防のための音楽「うつ」』(デラ)なども監修している。