文字サイズ

心の不調は誰にでも起こる。「自分だけは大丈夫」は危険

心の不調は誰にでも起こる。「自分だけは大丈夫」は危険

心の不調を抱える人が増えていることは知られていますが、「自分だけは大丈夫」「心の不調になるのは、もともと心が弱い人」と誤解している人が少なくありません。心の健康に自信がある人も、注意が必要です。

「心の病になりやすい性格」でなくても、誰でもかかる可能性がある

心の病にかかるのは、「心の弱い人」であると思い込んでいませんか。
確かに、うつ病をはじめとする精神疾患の発症については、ストレスを受けやすい、傷つきやすい素質や性格をもった人が、なんらかの強いストレスを受けることで発症しやすくなるという指摘があります。
とはいえ、そういう素質や性格をもっている人が全員、心の病を発症するわけではありません(「ストレスに気づいて、セルフコントロール」参照)。
また逆に、そうした素質や性格をもっていない人が、急激に環境が変わるなどの強いストレスを受けたり、小さなストレスを慢性的に受け続けて、心に不調をきたすこともあります。
うつ病が「心のかぜ」とよく言われるのは、そのように、どんな人でもかかる病気だからなのです。

心の病は慢性化しやすく、深刻な影響が出やすい

しかし、「心のかぜ」だからといって、放っておいてもすぐによくなる軽い病気であると考えるのは間違いです。
「なんとなくだるい」「疲れがとれない」といった初期の段階で気づけば、セルフコントロールだけで改善できる場合もありますが、放っておくと慢性化したり、全身の症状として現れてきたりして、医療機関での治療が必要となります。適切な治療を行えば治る(よくなる)病気ですが、治るまでには数カ月から数年という長い期間がかかり、一度治っても再発する可能性もあります。
心の病も、ほかの病気と同じように早期発見・早期治療が大切なのです。

心の病を防ぐには、日々のセルフコントロールが重要

どんな人にも、多かれ少なかれストレスはあります。「心が強い人」、ストレスに負けない人というのは、日々上手にセルフコントロールができている人といえるでしょう。
心の健康に自信がある人も、次のようなストレス対策を行っているかを確認し、また、ストレス症状が現れていないかを日常的にチェックして、心の病を予防しましょう。

ストレスに強くなる方法

山本 晴義 先生

監修者 山本 晴義 先生 1972年東北大学医学部卒業、1991年横浜労災病院心療内科部長、2001年より横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長。日本心療内科学会監事・専門医、日本産業ストレス学会理事、日本産業精神保健学会評議員、日本心身医学会評議員、日本職業災害医学会評議員。厚生労働省ポータルサイト「こころの耳」委員。著書は『ストレス一日決算主義』(NHK出版)、『初任者・職場管理者のためのメンタルヘルス対策の本』(労務行政)、『ビジネスマンの心の病気がわかる本』(講談社)、『ストレス教室』『働く人のメンタルヘルス教室』『メンタルサポート教室』(新興医学出版社)、『ドクター山本のメール相談事例集』(労働調査会)、『図解 やさしくわかる うつ病からの職場復帰』(ナツメ社)など多数。また、DVD『Dr.山本晴義の実戦!心療内科』(全2巻、ケアネット)、『元気な職場をつくるメンタルヘルス』(全12巻、アスパクリエイト)、CD『予防のための音楽「うつ」』(デラ)なども監修している。