文字サイズ

「仕事と子育てに追われ、忙しすぎていつもイライラしています」

「仕事と子育てに追われ、忙しすぎていつもイライラしています」

Q. 30代女性です。産前産後・育児休業を経て復職しましたが、毎日の家事育児と仕事に追われて“いっぱいいっぱい”です。最近はイライラして家族に当たってしまったり、子どもに優しく接せられないことも……。職場でもけむたがられているように思います。

A. 1人でこなせる量には限りがあり、ストレスがたまるのは当然です。家庭でも職場でも上手に周りに「仕事」をふるようにし、自分だけの時間を確保してストレスを解消しましょう。

メンタルトラブルには女性ホルモンの影響も。まずはストレスを自覚しよう

さまざまな役割をこなしながら奮闘してがんばっているご様子、お察しします。出産を機に生活が一変し、ストレスをため込むようになってしまったのですね。

女性の場合は、ライフステージの変化によって女性ホルモンが大きく変動すると、それが精神面にも影響してしまいます。妊娠や出産・更年期などをきっかけに、メンタルのトラブルを発生しやすいのです。

あなたの現在の状況は、スポーツに例えるなら、ある競技の選手を務めながら、別の競技の監督とマネージャーを兼務しているようなもの。1人ですべてこなしてうまく回るわけがありませんし、ストレスがたまってイライラしてしまうのも当然です。まずは、ストレスを受けていることを自覚して、無理をしないようにしましょう。

全部完璧にこなそうと思わず、家庭や職場で周囲に仕事をふるようにしよう

日本には、家庭の外で働く、働かないにかかわらず、未だに「家事や子育ては主に女性がすべき」という考えが根強くあります。そのため、すべて自分で完璧にこなそうと努力して抱え込み、うまくいかないことで自分を責めてしまう女性が多くいます。

しかし、どんなにがんばっても1人でできる量には限りがあります。自分さえ我慢すればよいと思って、このままの生活を続けていても、ストレスを抱える一方。心身に影響が出て倒れてしまっては、それこそ一大事です。

今のあなたは、毎日の予定をこなすのに精一杯だと思いますが、このまま1年後、3年後も今と変わらない生活を続けていくのでしょうか? 将来の自分のためにも、少し立ち止まって、この状況を打破する一歩を踏み出しましょう。

あなたが毎日抱えている「仕事」(家事や育児も含め)は、どれもあなたにしかできないことでしょうか。必ずしもあなたが、そして毎日あるいは毎週やらなければならないものでしょうか。 

まずは、家庭内の仕事から、ノートに書き出すなどして「見える化」し、身近な家族(夫など)と分担できるか、省略できるか考えてみましょう。最新家電などの導入や、食材宅配の利用を検討してみるのも手です。

上手に相手に仕事をふったりうまく断ることも、ストレス軽減のために重要なコミュニケーション術のひとつ。家庭で練習し、次は職場でも実践してみましょう。

そして心と時間にゆとりができたら、毎日15分は自分のための時間をもちましょう。「子どもが寝てから」「少し早起きして」「昼休みをきちんととって」など、いつでもよいのです。自分の好きなストレス解消法を実践して、ストレスをためないようにしましょう。

山本 晴義 先生

監修者 山本 晴義 先生 (医学博士 横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長
神奈川産業保健総合支援センター相談員 埼玉学園大学大学院客員教授)
1972年東北大学医学部卒業、1991年横浜労災病院心療内科部長、2001年より横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長。日本心療内科学会監事・専門医、日本産業ストレス学会理事、日本産業精神保健学会評議員、日本心身医学会評議員、日本職業災害医学会評議員。厚生労働省ポータルサイト「こころの耳」委員。著書は『ストレス一日決算主義』(NHK出版)、『初任者・職場管理者のためのメンタルヘルス対策の本』(労務行政)、『ビジネスマンの心の病気がわかる本』(講談社)、『ストレス教室』『働く人のメンタルヘルス教室』『メンタルサポート教室』(新興医学出版社)、『ドクター山本のメール相談事例集』(労働調査会)、『図解 やさしくわかる うつ病からの職場復帰』(ナツメ社)など多数。また、DVD『Dr.山本晴義の実戦!心療内科』(全2巻、ケアネット)、『元気な職場をつくるメンタルヘルス』(全12巻、アスパクリエイト)、CD『予防のための音楽「うつ」』(デラ)なども監修している。