文字サイズ

「仕事で疲れ果ててしまい、家では何もやる気が起きません」

「仕事で疲れ果ててしまい、家では何もやる気が起きません」

Q.20代女性です。仕事が忙しく、毎晩残業続きで平日は家に寝に帰るだけという毎日が続いています。週末に遊んでストレスを解消しようと思うのですが、何もやる気が起きません。

A.ちょっとしたことでもいいので、ストレスは毎日解消するようにしましょう。「運動・労働・栄養・休養・睡眠」のバランスをとることも大切です。

平日は我慢して週末を待つ、という考え方を変えてみよう

ストレスが解消できずにたまっていく一方では、おつらいですね。

「平日は我慢して、週末に遊んでストレス解消」というライフスタイルをとっている人は多くいます。それでうまくストレスを解消できれば悪くありませんが、一週間単位で生活を区切ってしまうと、週の後半には疲れが重くのしかかり、相談者さんのように何もできなくなってしまうことに。さらに翌週にも疲れを持ち越してしまい、悪循環になります。

そこでおすすめしたいのが、「ストレス一日決算主義」です。週末を待たず、日々の疲れをその日のうちに解消するように心がければ、少しずつ楽になれますよ。

ストレス解消は、毎日わずかな時間でもできる

首や肩のストレッチをしたり、アロマオイルの香りを楽しんだり、深呼吸や瞑想をしたり……平日忙しい人でも、1日5分程度ならできるはず。心が落ち着き、気分がすっきりしてストレス解消につながります。また、テレビを見ながらなど、わずかな時間でも毎日体を動かせば、心身の健康に効果的です。

「時間があればやるのに」と二の足を踏んでいる趣味があれば、毎日ちょっとずつでもできないか、考えてみてはどうでしょう。たまには夜ふかしをして好きなことに没頭したり、我慢していたスイーツを食べたりして、自分を甘やかす時間をつくることも、ストレスをためにくくする一つの方法です。

生活の基本5要素のバランスを大切にしましょう

1日のなかで、生活の基本5要素である「運動・労働・栄養・休養・睡眠」のバランスをとることも心がけましょう。平日は「労働」以外の4要素を軽視してしまったり、逆に休日は半日以上「睡眠」に割いているという偏った生活は、結果的にストレスをためることにつながります。

1日を5等分にすることは難しいですが、「ライフスタイル・チェック」を参考に、5要素を毎日とっているかどうかを意識して生活しましょう。

仕事をしながら慌ただしく昼食を済ませるよりも、ゆっくりよく噛んで食べたり、そのあと昼休みをしっかりとるなどメリハリをつけたほうが、午後の仕事もはかどるはずです。家族や同僚、友人と一緒に食事をする時間をとり、笑うなどの感情表現をして心の緊張をやわらげるのもいいですね。

なお、これらのセルフケアに取り組む気力も起こらない場合や、不眠や体調不良が続く場合は、心療内科や精神科などを受診したり、専門相談窓口(厚生労働省「こころの耳」 に掲載されています)を利用しましょう。

山本 晴義 先生

監修者 山本 晴義 先生 (医学博士 横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長
神奈川産業保健総合支援センター相談員 埼玉学園大学大学院客員教授)
1972年東北大学医学部卒業、1991年横浜労災病院心療内科部長、2001年より横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長。日本心療内科学会監事・専門医、日本産業ストレス学会理事、日本産業精神保健学会評議員、日本心身医学会評議員、日本職業災害医学会評議員。厚生労働省ポータルサイト「こころの耳」委員。著書は『ストレス一日決算主義』(NHK出版)、『初任者・職場管理者のためのメンタルヘルス対策の本』(労務行政)、『ビジネスマンの心の病気がわかる本』(講談社)、『ストレス教室』『働く人のメンタルヘルス教室』『メンタルサポート教室』(新興医学出版社)、『ドクター山本のメール相談事例集』(労働調査会)、『図解 やさしくわかる うつ病からの職場復帰』(ナツメ社)など多数。また、DVD『Dr.山本晴義の実戦!心療内科』(全2巻、ケアネット)、『元気な職場をつくるメンタルヘルス』(全12巻、アスパクリエイト)、CD『予防のための音楽「うつ」』(デラ)なども監修している。