文字サイズ

「子どもが遅刻がちで学校の話をあまりしなくなりました。うつ病でしょうか?」

「子どもが遅刻がちで学校の話をあまりしなくなりました。うつ病でしょうか?」

Q.40代男性です。小学4年生の息子が、最近学校に遅刻しがちで、腹痛を訴えて休みたがることもあります。最近は学校や友人の話もあまりしなくなったのですが、うつ病なのでしょうか?

A.お子さんの発しているSOSサインかもしれません。大人よりも早めのフォローが大切なので、早めに落ち着いて話を聴き、必要に応じて専門家や相談窓口などに相談しましょう。

児童期・幼児期の子どもの場合は、サインを見逃さないことが大切

お子さんの変化に気づいて、「うつ病かも?」と心配になったのですね。

うつ病は、12歳以上に起こりやすい病気ですが、幼児期・児童期であっても起こることがあります。幼児期・児童期の子どもでは、つらい気持ちを言葉にして自分で訴えることができません。

相談者さんが気づいたような、「なにか様子が違う」「前はこんなことはなかった」と感じる変化は、お子さんが発しているSOSサインかもしれません。ふだんからコミュニケーションをとり、下記のようなサインに早めに気づくようにしたいものです。

【見逃さないでほしい、子どものSOSサイン】

  • 元気がない、表情が暗い
  • 睡眠リズムが乱れる(朝起きられない、なんとなく夜更かししがち)
  • 学校へ出かけるまでに時間がかかったり、行きたがらない
  • 遅刻や欠席が増える
  • 頭痛や腹痛など、体調不良を訴える(特に朝)
  • 食欲が減る、あるいは過食気味になる
  • 集中力がない、成績が下がる
  • 口数が減る、学校や友人の話をしなくなる
  • イライラしたり、ちょっとしたことで怒ったりする

学校や家庭の問題、生活環境の変化、喪失体験などのストレスが引き金に

小学生の子どもの場合、心に大きな影響を及ぼすのは、学校や家庭内でのストレスです。学業の不安や心配(テストや宿題、人前での発表など)、人間関係の問題(友達や家族など)、生活環境の変化(引っ越しや転校、親の離婚など)、そして生死にかかわる出来事(ペットや家族、友達といった親しい相手の病気や死など)は、どんな子どもにも起こりうるでしょう。

一つひとつのストレスは小さいものであっても、複数重なると大きな負担となり、心の病気の引き金になってしまう場合があるので、周りの家族はよく注意しましょう。

まずは話を聴き、必要に応じ専門家や相談窓口にも相談を

子どもの心身の変化は、成長の過程で起こる一時的なものの可能性もありますが、心の病気であれば大人より早めのフォローが必要です。不登校や引きこもり、悲しいことですが自殺に至ってしまった子どもの一部には、うつ病をはじめとした精神疾患を発症しているケースもあると考えられています。

「そのうちよくなる」と放っておくと、子どもの一生に影響を及ぼすこともあるので、冷静に、早めに対応しましょう。

まずは、子どものいちばんの味方である家族が、じっくりと落ち着いて話を聴くこと。その際には、子どもがどう感じているかを子どもの立場で理解し、その気持ちに共感し、意見や思いを押しつけないことが大切です。そして、子どもの状態によっては、スクールカウンセラーや一般のカウンセラー、自治体の児童相談所、保健所、専門医などに相談しましょう。厚生労働省のメンタルヘルスのサイトの「こころの相談窓口」でも、公的な相談先を探すことができます。

山本 晴義 先生

監修者 山本 晴義 先生 (医学博士 横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長
神奈川産業保健総合支援センター相談員 埼玉学園大学大学院客員教授)
1972年東北大学医学部卒業、1991年横浜労災病院心療内科部長、2001年より横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長。日本心療内科学会監事・専門医、日本産業ストレス学会理事、日本産業精神保健学会評議員、日本心身医学会評議員、日本職業災害医学会評議員。厚生労働省ポータルサイト「こころの耳」委員。著書は『ストレス一日決算主義』(NHK出版)、『初任者・職場管理者のためのメンタルヘルス対策の本』(労務行政)、『ビジネスマンの心の病気がわかる本』(講談社)、『ストレス教室』『働く人のメンタルヘルス教室』『メンタルサポート教室』(新興医学出版社)、『ドクター山本のメール相談事例集』(労働調査会)、『図解 やさしくわかる うつ病からの職場復帰』(ナツメ社)など多数。また、DVD『Dr.山本晴義の実戦!心療内科』(全2巻、ケアネット)、『元気な職場をつくるメンタルヘルス』(全12巻、アスパクリエイト)、CD『予防のための音楽「うつ」』(デラ)なども監修している。