文字サイズ

アブラナ科の野菜で、がんを防ぐ

アブラナ科の野菜で、がんを防ぐ

 ブロッコリーやキャベツなどアブラナ科の野菜には、ほかの野菜には見られないグルコシノレートという成分が含まれており、体内でイソチオシアネートに分解されます。この物質が、発がん性物質の解毒を促進する作用があるとして注目されています。

ブロッコリーやキャベツなどアブラナ科の野菜でがんリスク低下

 野菜をたくさんとることは、がん、脳血管疾患(脳梗塞、脳出血)、心血管疾患(心筋梗塞など)、糖尿病などの予防に効果がありそうなことは、これまでの多くの研究から示されています。では、野菜に含まれるどの成分がどのように有効なのかを解明する研究が1980年代から進められています。
 そういった研究の中で、ブロッコリーやキャベツなどのアブラナ科の野菜や、それらに含まれる成分の摂取量が多いと、がんになりにくいという研究報告が複数発表されるようになりました。
 日本で行われた症例対照研究という方法での調査でも、胃がんや大腸がんに罹患した人はアブラナ科の野菜、とくにブロッコリーの摂取が少なかったことが示されました。

グルコシノレートという物質が発がん物質の解毒を促進する

 アブラナ科の野菜にはグルコシノレートという、ほかの野菜にはない成分が含まれています。グルコシノレートは調理や消化の過程で、イソチオシアネートという物質に分解されます。複数の動物実験で、この物質は発がん物質の解毒を促進する作用があることが報告されており、ヒトでも同様の効果が期待されます。
 WHOのがん研究機関であるIARCは2004年に、アブラナ科の野菜のがん予防効果に対する総合評価として、「アブラナ科の野菜に含まれる成分は、そのメカニズムや動物実験から発がんを抑制する可能性がある。胃がんや肺がんのリスクをある程度下げるという限定的なヒトでのエビデンスもある。しかし、その効果は、野菜や果物をトータルに摂取することによる効果ほどには及ばないであろう」と述べています。
 基本は、野菜や果物をたくさんとる食生活の中で、アブラナ科の野菜を意識して食べる工夫をすることが賢明かもしれません。

アブラナ科の主な野菜

 ブロッコリー、キャベツ、芽キャベツ、菜の花、大根、かぶ、小松菜、野沢菜など

津金 昌一郎先生

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究助成金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞、2014年高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞。一般向けの主な書著に『科学的根拠にもとづく最新がん予防法』『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学、山形大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。