文字サイズ

赤肉・加工肉の過剰摂取は、大腸がん発生リスクを高める

赤肉・加工肉の過剰摂取は、大腸がん発生リスクを高める

 ハムやソーセージなどの加工肉の多量摂取と大腸がん発生リスクとの関連は、はっきりとはわからなかったものの、牛や豚といった肉類(赤肉という)を多量に摂取していた人は、その後の大腸がん発生リスクが高いことが、日本人においても示されました。

牛肉・豚肉、ハム・ソーセージなどの過剰摂取と大腸がんの発生リスクを研究

 日本各地(分散された特定の地域)の45~74歳の男女約8万人を対象に、平成7年(1995年)と平成10年(1998年)に生活習慣についてのアンケート調査を実施し、平成18年(2006年)まで追跡した調査結果にもとづいて、肉類の摂取量と大腸がんの発生率との関連を調べた結果を分析した多目的コホート研究があります。。

 この研究は、追跡開始時のアンケート調査の結果から、肉類の「総量」、牛肉・豚肉といった「赤肉」やハム・ソーセージなどの「加工肉」の1日当たりの摂取量を、少ない順に5グループに分け、追跡期間中に生じた結腸がん・直腸がんの発生率を比べたものです。
 追跡期間中に、1,145人が大腸がん(結腸がん788人、直腸がん357人)にかかったことがわかりました。分析には、年齢、飲酒、肥満など、大腸がんのリスクを高めることがわかっている別の要因による影響は取り除かれています。

男性では肉類全体、女性では赤肉の過剰摂取が、大腸がんのリスクに

 分析の結果、肉類全体の摂取量が多いグループ(約100g/日以上のグループ)では、男性の結腸がんリスクが高くなることが示されました。また、赤肉の摂取量が多いグループ(約80g/日以上)では、女性の結腸がんのリスクが高くなることが示されましたが、男性では赤肉摂取量と結腸がんリスクのはっきりした関係は見られませんでした。

 一方、加工肉摂取による結腸がん・直腸がんのリスクの上昇については、男女ともに統計学的に優位な結果は得られませんでした。ただし、加工肉摂取量を10グループに分けて詳しく調べると、男性において最も摂取量の多いグループで、結腸がんリスクの上昇が見られました。これは、日本人が一般的に食べる量では、大腸がんのリスクとなるかはわからないが、一般的な量よりもかなり多く摂取すると、とくに男性では、結腸がん発生リスクを上げる可能性がないとは言えないという結果です。

赤肉の過剰摂取と大腸がん発生のメカニズム

 では、なぜ赤肉を多く摂取すると、大腸がんリスクが上昇するのでしょうか。これまで指摘されてきたメカニズムは、動物性脂肪の消化のための二次胆汁酸(腸内細菌によって酸化された胆汁酸)、ヘム鉄による酸化作用、内因性ニトロソ化合物の腸内における生成、調理で焦げた部分に含まれるヘテロサイクリックアミン(発がん物質)などの作用が挙げられています。
 ただし、これらの作用は赤肉に限ったことではなく、鶏肉なども含めた肉類全体を摂取する場合と共通しています。この研究結果では、男性では赤肉摂取と大腸がん発生リスクの直接的な関係は示されませんでした。しかし、私たちの肉摂取量全体の約85%を牛肉や豚肉という赤肉が占めていることや、肉類全体の過剰摂取と結腸がんリスク上昇の関連が見られることから、男性も牛肉や豚肉も含めて、肉類全体を食べ過ぎないようにする必要があると考えられます。

 2007年に改訂された「世界がん研究基金(WCRF)」と「米国がん研究協会(AICR)」による報告書『「食物・栄養・身体活動とがん予防』によると、世界中で行われた研究結果から、赤肉(獣肉:牛・豚・羊など)・加工肉(ハム・ソーセージ)摂取は、大腸がんに対して「確実なリスク」であると評価しています。
 日本における大腸がんの発生率は、戦後欧米並みに増加しているとともに、肉類の摂取量も増加しています。報告書では、赤肉の摂取量を週に500g未満とするよう推奨しています。今回の研究で赤肉を最も多く摂取するグループは、比較可能な状態に換算(生重量を加熱後の重量に換算)するとおよそ週に400~450g以上でしたので、上位20%のグループにおいては、欧米の推奨量を上回って摂取していて、大腸がんのリスクが上がったものと考えられます。一方では、日本人の80%以上は、推奨量を下回っていることにもなります。

 大腸がんの予防には、肉類の過剰摂取を控え、そのほかの大腸がんのリスクであることがわかっている「飲酒」と「肥満」をコントロールし、大腸がんリスクを低下させることがわかっている運動を取り入れた生活習慣を心がけることが大切と言えます。

津金 昌一郎 先生

監修者 津金 昌一郎 先生 (国立がん研究センター 社会と健康研究センター センター長)
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究補助金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞受賞。一般向けの主な書著に『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。