文字サイズ

カルシウムとビタミンDを多くとる男性は大腸がんになりにくい

カルシウムとビタミンDを多くとる男性は大腸がんになりにくい

 男性において、カルシウムを多く摂取するグループで大腸がんの発生リスクが低いことがわかりました。さらに、カルシウムの吸収に関与するビタミンDについても大腸がん発生リスクとの関連を調べたところ、カルシウムとビタミンDの両方を多く取っている男性に、大腸がんの発生リスク低下が見られました。

カルシウム摂取量が多い男性では、大腸がんのリスクが低下

 これまで、欧米の研究では、カルシウムが大腸がん発生のリスクを低下する可能性が示唆されています。そこで、日本の多目的コホート研究(JPHC研究)では、カルシウムおよびカルシウムの吸収に関与するビタミンDの摂取量と、大腸がん発生リスクとの関連について検討しました。

 研究では、平成2(1990)年と平成5年(1993年)に日本各地(分散された特定の地域)の40~69才の男女約8万人を対象に、平成14年(2002年)まで追跡調査したところ、男性464人、女性297人、合計761人に大腸がんが見つかりました。
 研究開始から5年後に食習慣アンケートを行い、カルシウムおよびビタミンDの1日当たりの摂取量を算出し、グループ分けをしました。さらに、高齢や喫煙、肥満など、大腸がんのリスクを高める他の要因を除外して、男女別に大腸がんのリスクを比較しました。

 まず、カルシウムについては、女性では大腸がん発生リスクとの関連がみられませんでしたが、男性ではカルシウムの摂取量が最も少ない(300mg未満)グループと比較して、最も多い(700mg以上)グループで、発生リスクが約40%低くなっていました。
 大腸がんの発生には、胆汁酸が関与していると考えられています。脂肪を多くとると、肝臓で胆汁という消化液が作られて腸の中に排出されますが、その胆汁に含まれる胆汁酸が、腸内で発がん作用のある二次胆汁酸に変換され、大腸がん発生を促進する可能性があります。
 カルシウムは、腸管の細胞を刺激してその二次胆汁酸を吸着したり、細胞の増殖や分化に直接作用したりして、大腸がんの発生を抑制しているものと考えることができます。
 なお、男性のみにカルシウムと大腸がんの関連が見られたのは、女性は全体的にカルシウム摂取量が高かったのに対し、男性は極端に低い人が多かったことが理由の1つとして考えられます。

大腸がんのリスクは、カルシウムとビタミンDの両方を多く取る男性でさらに低下

 ビタミンDと大腸がん発生との間には、男女とも、統計学的に有意な関連が見られませんでした。しかし、カルシウムとビタミンDの各摂取量を、低・中・高の3グループに分けて組み合わせて検討した結果、どちらも多く取っている男性では大腸がんのリスクが低下していました。
 ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける役割をするため、ビタミンDとカルシウムの両方を多く取っている男性で大腸がんの発生が抑えられたと考えられます。

日本人はカルシウムが不足がち。積極的な摂取が勧められる

 日本人の食事はカルシウムが不足がちであることは、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」の結果などから報告されています。 カルシウムの摂取量が多いと、循環器疾患や腰椎骨折の発生リスクが低くなることもわかってきています。カルシウムを積極的に取るようにし、ビタミンDも、食事や適度な日光浴などから得るようにしましょう。

津金 昌一郎 先生

監修者 津金 昌一郎 先生 (国立がん研究センター 社会と健康研究センター センター長)
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究補助金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞受賞。一般向けの主な書著に『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。