文字サイズ

11条 身体の異常に気がついたら、すぐに受診を

11条 身体の異常に気がついたら、すぐに受診を

 やせる、顔色が悪い、貧血がある、下血がある、咳が続く、食欲がない、などの症状に気がついたら、早めに医療機関を受診しましょう。がんや、それにつながる重大な病気が潜んでいる場合があります。

体からの危険信号を放置しないことが大切

 がんは、早期の段階では症状がほとんどないため、がん検診以外で見つけるのが難しい病気です。科学的根拠に基づいた有効ながん検診(「10条 定期的ながん検診を」参照)を定期的に受けることが、がんで命を落とさないための有効な方法ですが、精度の高い検査であっても、がんが100%見つかるわけではありません。また、前回の検診では発見できないほど微小ながんであったものの、進行が早く、翌年の検診を待たずに症状をもたらすといった場合もあります。
 体重の減少や貧血が続いたり、顔色が悪かったり、なんらかの出血や痛みが続いていたりしたら、それはがんに限らず、体からの危険信号です。命にかかわる重大な病気が潜んでいるおそれもあるので、自己判断で放置せず、医療機関を受診しましょう。

がんによって、さまざまな症状が現れます

主要ながんの症状には、次のようなものがあります。周辺の臓器や全身にさまざまな症状が現れますが、ほかの病気と見分けがつかないことが多いので、医療機関で正確な診断を受けましょう。

  • 胃がん
     胃の痛みや不快感、消化不良、食欲不振、吐き気、食習慣の変化など。
    かなり進行しても無症状の場合がありますが、早期の段階で症状を起こすこともあります。また、これらの症状は胃炎や胃潰瘍(かいよう)でも起こりますが、早い段階で受診しましょう。進行胃がんでは、食事がつかえたり、体重が減ったりすることもあります。
  • 肺がん
     治りにくい咳や血の混じった痰(たん)、息切れ、声のかれ、喘鳴(ぜんめい:息をするときにゼーゼー音がする)など。 ほかの呼吸器疾患でも同様の症状が起こりますが、なかなか治らない場合や、喫煙歴のある40歳以上の人は特に注意しましょう。
  • 乳がん
     硬いしこりや乳房の皮膚の異常、血の混じった乳頭分泌液など。
    良性腫瘍など乳がん以外の病気のこともありますが、詳しい検査が必要です。
  • 子宮がん
     月経時以外や性交時の出血、ふだんと違うおりものが増える、月経異常など。
     子宮頸がんでは、排尿痛や排尿困難なども現れることがあります。また、閉経後に少量ずつ長く続く出血があるときは、子宮体がんのおそれがあります。
  • 大腸がん
     血便や排便異常(下痢と便秘を繰り返す)、便が細い、便が残る感じがある、おなかが張る、腹痛、貧血、原因不明の体重減少など。
     なかでも多く現れる症状は血便ですが、痔などでも似た症状が起こります。
  • 肝がん
     初期には自覚症状がほとんどないことで知られていますが、進行すると腹部のしこりや圧迫感、痛み、不快感などが現れる場合があります。
     また、肝硬変にともなって食欲不振やだるさ、微熱が起こったり、黄疸(おうだん:白目や皮膚が黄色くなること)が現れることもあります。

津金 昌一郎 先生

監修者 津金 昌一郎 先生 (国立がん研究センター 社会と健康研究センター センター長)
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究補助金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞受賞。一般向けの主な書著に『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。