文字サイズ

肺がんは、喫煙者だけでなく、非喫煙者も要注意

肺がんは、喫煙者だけでなく、非喫煙者も要注意

日本人のがんによる死亡原因の第1位を占めている、肺がん。その最大のリスク要因は喫煙ですが、喫煙者本人だけでなく、受動喫煙による影響も明らかになっています。 5月31日は世界禁煙デー。自分と周囲の人の健康を守るためにも、この機会に真剣に禁煙に取り組みましょう。

喫煙により肺がんのリスクは4倍以上に

国立がん研究センターの「2015年のがん罹患数、死亡数予測」では、肺がんは、罹患数(新たにそのがんと診断される人の数)では第2位、死亡数では第1位となっています。

肺は、呼吸によって体内に酸素を取り入れ、二酸化炭素を排出するという重要な役割をしています。肺がんは、肺の気管や気管支、肺胞といった組織のうち、一部の細胞が何らかの原因でがん化することによって起こります。進行するにしたがって周りの組織を破壊しながら増殖し、血液やリンパに乗って体内に広がっていきます。

肺がんの最大の原因は、喫煙です。日本人を対象としたあるコホート研究*によると、喫煙者が肺がんになるリスクは、男性では非喫煙者の4.5倍、女性では4.2倍でした。さらに、肺がんになった人のうち、男性では68%、女性では18%が、たばこが原因と推計されています。

また、たばこをたくさん吸うほど、たばこの煙に含まれる発がん促進物質を体内に多く取り込むことになり、1日に吸う本数が多く喫煙期間が長い人ほど、がんの発生リスクは高くなります。肺がんでは、「1日のたばこの本数×喫煙年数」(ブリンクマン指数)が600以上の人はハイリスク群とされています。

*コホート研究…数万人以上の特定集団を対象に、まず生活習慣などの調査を行い、その後何年も継続的な追跡調査を行うもの

山本 晴義 先生

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究補助金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞受賞。一般向けの主な書著に『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。