文字サイズ

たくさんある「がんが予防できる」という情報、どう見極めればいいの?

たくさんある「がんが予防できる」という情報、どう見極めればいいの?

科学的根拠に基づいた「日本人のためのがん予防法」を実践しよう

世界保健機関(WHO)や国際がん研究機構(IARC)等によって組織された委員会では、世界各国から召集された専門家がこれまでに発表された科学論文に基づき、生活習慣とがん発生との関連性について評価を行っています。これらをもとに、日本人の実情を加味したものが、以下の「日本人のためのがん予防法」です。これは、現段階において個々人がもっとも実行する価値のあるがん予防法といえます。

●日本人のためのがん予防法
─現状において日本人に推奨できる科学的根拠に基づくがん予防法─

喫煙 たばこは吸わない。他人のたばこの煙を避ける。
飲酒 飲むなら、節度のある飲酒をする。
食事 食事は偏らずバランスよくとる。
* 塩蔵食品、食塩の摂取は最小限にする。
* 野菜や果物不足にならない。
* 飲食物を熱い状態でとらない。
身体活動 日常生活を活動的に。
体形 適正な範囲に。
感染 肝炎ウイルス感染検査と適切な措置を。
機会があればピロリ菌検査を。
出典:国立がん研究センターがん情報サービス

 

がん予防法を有効に利用するために

科学的根拠のある確かな情報をもとに自身の生活習慣を点検し、改善点を見つけることが最初の一歩。そして、できるところから少しずつ改善し、その生活習慣に慣れ、継続する、ということを、ストレスにならない範囲で工夫しながら実践することが大切です。

なお、せっかくの有益ながん予防法も、間違った解釈をしてしまうと、予防効果が得られないばかりか、かえって逆効果になる場合もあります。「がん予防法を実践するうえでの注意点」を守って、有効に利用しましょう。

2017年度の当コーナーでは、「正しいがん予防法、ココが知りたい!」というテーマで、国立がん研究センターの発表による最新の知見もまじえながら、巷にあふれる曖昧な情報や誤解の多い情報について、毎月わかりやすく解説していきます。ぜひ参考にしてください。

津金 昌一郎

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究助成金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞、2014年高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞。一般向けの主な書著に『科学的根拠にもとづく最新がん予防法』『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学、山形大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。