文字サイズ

野菜や果物をたくさんとれば、がんを予防できる?

野菜や果物をたくさんとれば、がんを予防できる?

国立がん研究センターの「科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究」では、野菜や果物の摂取によるがんリスクの低下は、食道がんで「ほぼ確実」、胃がんで「可能性あり」と評価されています。しかし、たくさんとればとるほど予防効果があるかどうかは明らかになっていません。国が推奨する「1日350g」を目標に野菜をとりつつ果物も加え、バランスのとれた食生活を心がけることが大切です。

野菜・果物の摂取量が多いと食道がんリスクが半減

野菜や果物の摂取と、食道がんの発生との関連を調べた、国立がん研究センターの多目的コホート研究*1があります。この研究では、野菜・果物の1日あたりの摂取量の合計とそれぞれの摂取量によって3つのグループに分け、日本人の食道がんの大半を占めている扁平上皮がんのリスクを比較しました。その結果、野菜と果物の合計摂取量が最も少ないグループと比較して、最も多いグループでは扁平上皮がんの発生リスクが約半分に低下しました。また、野菜と果物の摂取量が1日あたり100g増加するごとに、扁平上皮がんのリスクが約10%ずつ低下していました。

一方、胃がんについては、野菜・果物の摂取頻度と胃がんの発生の関連を調べた多目的コホート研究があります。それによると、黄色野菜(かぼちゃやにんじんなど)では摂取頻度に応じて段階的にリスクが低下していましたが、緑色野菜(ほうれん草など)や、ほかの野菜(白菜、キャベツ、トマトなど)・果物は、ほとんど食べない人に比べて週1日以上食べる人ではリスクの低下が見られましたが、それ以上高頻度であっても差が見られませんでした。

上記を含めた複数の研究結果に基づき、日本人における野菜・果物摂取のがん予防効果については、食道がんでは「ほぼ確実」、胃がんで「可能性あり」と評価されています(また、果物については、肺がんで「可能性あり」と評価されています)。

*1 コホート研究…数万人以上の特定集団を対象に、まず生活習慣などの調査を行い、その後何年も継続的な追跡調査を行うもの

一部の乳がんにリスク低下は見られるものの、慎重な判断が必要

また、45歳から74歳の女性約4万7000人を対象に、野菜・果物の摂取と乳がん発生との関連を調べた多目的コホート研究もあります。これによると、野菜と果物をあわせた総摂取量と乳がんリスクとの間には、関連は認められませんでした。また、摂取するものを、アブラナ科の野菜*2、緑葉野菜、黄色野菜、トマト類、柑橘類と種類ごとに分けてみても、有意な関連はみられませんでした。

しかし、閉経前と閉経後に分けてみると、閉経前の女性では、アブラナ科の野菜の摂取量が最も少ないグループと比較して、最も多いグループでは乳がんのリスクが低下しました。また、乳がんのタイプ別で見てみると、アブラナ科の野菜の摂取量が多いほど、ホルモン依存性乳がん*3のリスクが低いことがわかりました。さらに、食物繊維摂取量と乳がんリスクとの関連を調べてみると、食物繊維摂取量が非常に多いグループでは、乳がんリスクの低下がみられました。

ただし、閉経前後や乳がんのタイプ別の検討、食物繊維摂取量の非常に多いグループでは解析対象者が少ないため、上記の結果については慎重に判断する必要があります。

*2 アブラナ科の野菜…ブロッコリー、キャベツ、芽キャベツ、菜の花、大根、かぶ、小松菜、野沢菜など

*3 ホルモン依存性乳がん…女性ホルモンのエストロゲンの刺激によって増殖するタイプの乳がん

津金 昌一郎

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究助成金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞、2014年高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞。一般向けの主な書著に『科学的根拠にもとづく最新がん予防法』『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学、山形大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。