文字サイズ

自分が、がんにかかる確率を知るには?

自分が、がんにかかる確率を知るには?

生活習慣の改善はあせらず、まずはできることから始めよう

「がんリスクチェック」は、健康を維持するうえでもっとも基本となる生活習慣についての現状を把握し、生活習慣を見直すきっかけとして活用するには大変有益なものです。ただし、がん発生の要因には、感染や体質など、生活習慣以外にもさまざまなものがあります。また、これはあくまでもこれまでの研究成果をもとに作成した簡便なチェックツールなので、すべての人に当てはまるとは限りません。とくに、過去にがんや糖尿病にかかったことのある人は、担当医の指導を優先するようにしてください。

一念発起して生活習慣を改善するのはすばらしいことですが、一気にさまざまなことに取り組もうとすると、それがストレスとなり、挫折してしまいがちです。当コーナーでこれまで紹介してきたことを参考に、まずはできることから生活習慣を見直してみることが大切です。生活習慣の改善は、遅すぎるということはありません。毎日を生き生きと過ごせるよう、小さなことからでもかまわないので、1つずつ実践していきましょう。

津金 昌一郎

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究助成金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞、2014年高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞。一般向けの主な書著に『科学的根拠にもとづく最新がん予防法』『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学、山形大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。